沖縄 宮古島

沖縄旅行後半は宮古島。すっかり台風も過ぎ去った宮古島に降り立ったのは旅5日目の夕方。レンタカーに乗り込み、このままホテルに直行は寂しい、、という事で早速宮古島のお土産を求めて素敵なショップに向かいます。

このショップ、パート・ド・ヴェールのシーサーの販売店を探していた時に亜sian.hさんの宮古島の納品先として載っていたショップさん。atelier和毛(nicoge)さんです。隣接するモジャのパン屋さんに寄る時間がなかったのが残念!

オーナー様自らもアーティストさんで素敵なテキスタイル作品を手描きで作られています。ショップのお写真で印象的な手拭いが気になりショップを訪問させてもらったのですが、悩みに悩んで今回はシーサーに続き、パート・ド・ヴェールで作られた船を購入。沖縄でのダイビングは全てボートだったから。シーサーの横に並んで今回の旅の記憶に繋がると思ったから。なのですが、実は未だに手拭いも購入しなかった事を後悔しております。

d0041074_1221283.jpg
↑本島の国際通りにあるキーストンさんで購入したシーサーと、宮古島の和毛さんで購入したお船。和毛さんではシーサーは入れてないそうですが、同じく人気の猫のパート・ド・ヴェールが置いてありました。


ところでヨメが購入した船。実は沖縄ではなく岡山の作家さんのもの。今回は沖縄の若手作家さんの作品を探していたのですが、でもオーナー様が惚れ込んだ作家さんの作品という事もあり、岡山が実家の近くという親近感もあり、前述通りボートダイビングだった事もあり、これも縁じゃと購入。
1歳の嬉しいと唸ってしまう元気いっぱいのワンさんと共にオーナー様とのお話も楽しみ、旅の思い出の素敵なお土産になりました。
沖縄の作家さんでマングローブで作った椀やコップも素敵だった!しかしやはり宮古島1日目で、、と自重。次回に取っとくわ。次、いつ連れてってくれるん?カッパよ?

ショップを急ぎ足で去った後は、来間島と結ぶ橋をドライブ。夕方だったので宮古島ブルーではありませんでしたが、そして台風の後で晴天でもありませんでしたが、なかなか良いドライブでした。(伊良部島への大橋の方は最終日。なんとスコールがやってきた。スコール中は橋を渡れまへん。通行止めになります)

橋を往復した後に南の方へ。ホテルで夕食をとり、バタンキュー。翌日は丸1日ビーチです。ビーチはね、シュノーケラーにとってはモルディブに負けず劣らず楽しいビーチだったわよ。






[PR]
by wakka-w | 2015-10-07 21:45 | 諸々旅 | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー