更に高みへ

愛こぶた、元気。もうすっかり元気に見える。中身も元気であって欲しい。少なくとも精神は健全に思われる。

そんな愛こぶた、最近散歩中に拾い食いしやがった。いつもブルが立ち寄りそうな電柱のあたりは気をつけて見てからブルを好きにさせているつもりだけれど、たまに「え、今何拾った。ってか何か口に入れるようなもんあったか??」と思うような場面がある。おまえなに口もぐもぐやってんだ。

その時も全く何を口にしたのか分からずヤキモキしながらンコが出るのを待っていた訳です。未消化物を探すというよりはちゃんとしたンコが出ているかを確認するためなんだけれど。
したらば未消化物が出てきやがりました。

ど、どんぐり、、、どんぐり〜〜〜

ヨメの愛こぶたはイベリコ豚へと進化を遂げるつもりのようです。たまに黒毛が生えるのはお祖父ちゃんだかお祖母ちゃんだかの名残と思っていたのですが、豚か。イベリコ豚仕様か。

さて今日のバレー君。
昨日半渇きの洗濯物を部屋に干しておいたら、今朝はハンカチ類を畳んでくれていました。ゆるゆるな感じで。更に娘の下着を畳もうとして大きすぎて挟まれたまま身動きが取れなくなっておりました。娘大喜び。いい子だね、バレー君。だって
さぁ、明日はどこにいるんでしょうかバレー君。母も、母のネタもそろそろきつくなってきましたよー




メラノーマと呼ばれる皮膚ガンの一種があります。悪性黒色腫というもので、過剰な紫外線が発生を促す事もありえるそうです。この病気は毛の色が薄い方がなりやすいそうで、紫外線をどれだけ浴びるか、と言われればなるほどなとも思う訳ですが。。

この病気の予防も兼ねて、というかあらゆる病気の予防を兼ねてなのでしょうか、ブリーダーさんは時々その血統の中に毛色の濃いシトを組み込むのだそう。フレブルでいうとブリンドルですね。黒毛ちゃん。
ブルさんも時々黒毛が生えます。1本だけたまに見かける程度ですが。

ブリーダーさんがブル達が元気に過ごせるよう必要な事をちゃんとしてくれているんだな、と思うと胸が熱くなります。






[PR]
by wakka-w | 2016-12-08 10:04 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー