ブルさん先生のとこへ

ブルさん、月曜にイマチニブ投与の定例(と言ってもお初だが)検診に行ってきました。

ブルさんは元気です。事情を知っているお友達が「ブルちゃんどう?」って聞いてくれるのですが、ありがたい事に「元気」としか言いようがないくらいには普通に元気。取ってこい遊びするでちよ〜〜キャッキャキャッキャとママンにちょっかいも出します。
例え病気でもブルが辛い思いをしていなければそれで良いと、自分を言い聞かせている飼い主としては要らぬ心配を忘れる事ができてありがたいなぁとブルを見て思っています。

で、検診。残っているしこりはやっぱり残ったまんまだそう。ヨメが軽く触ったくらいでは気づかない程度ですが(小さくなっているのかどうかは分からんけど。深いとこにあるから)。

それを踏まえて上記のように元気なのでイマチニブのトライアル期間も無事終了し、さてこのまま続けるかどうかなのですが、副作用も今はないようだしここで止めて「あの時止めなければ、、」という後悔だけはしたくないねと先生と相談した結果引き続き投与する事になりました。

今回は血液検査をせず、次の2週間が終わったら年末に血液検査。他の予定も含めて怒涛の年末年始やで。

ところでブルさんですが、以前ほどではないものの、ママンの姿が見えないと勝手に外出したと思うらしくたまに鳴いています。アシカのように(?)。でも眠気には勝てないらしく、大人しく寝ていることもしばしば。ブルちらしい。この男の性格は病気と共生するにはかなり良い性格だと思う。









[PR]
by wakka-w | 2016-12-14 08:43 | ブルち、肥満細胞腫 | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー