今日は何しよか

4歳年中さんの夏休みですよー。1日フリーの日だったのでずーっと二人きり。記憶が無いのですが、多分午前中は家事をしながら娘の工作を手伝っていたように思います。絵の具でお絵かきとか。うーん、本当に記憶がない。娘は読書もいっぱいしていたような。。

午後からは晒しをちょうど良いサイズに切ったものに、布クレヨンでお絵描きさせました。アイロンで処理をしたら娘のマイ台拭き完成。

d0041074_20405568.jpg
↑ 我々家族(ブルも一緒)に、
お化けやらカブトムシやら家でよく見かけるトカゲやら

うちはテーブルを1回切りのウェットペーパーで拭く事が多いので「台拭き」という言葉がピンとこないようで。だったら自分で作ったら名前を覚えるだろう、ついでにお手伝いもしてもらおうという魂胆。
思惑通り、結構気に入って今日は自分からテーブルを拭いていました。

その後、初めて鰹節を削らせました。賞味期限ギリギリの鰹節。ヨメも久しぶりに削りましたが、前より上手になってて、やはり物事の習得には絶対的に必要な時間があるのではないかと思うヨメ。
削った側から娘は鰹節を食べたがり、五感フル活用の良い経験になったようです。

自分で削った鰹節で取る出汁は美味しかろう、という訳でそのまま夕食の手伝いをしてもらい、出汁はかぼちゃとレンコンのすり流しにしました。
出汁を取った後の削り節はどうするのだ、と聞くので「正直、これカスやから美味しくないわよ。美味しいのはお湯に移ったからね。捨ててええんやけど、フライパンで乾燥させてふりかけにする人もいるわよ。」と返答。ふりかけにしてくれと言われたのですが、うちはふりかけの消費もあまりないので。。今日は勘弁してもらいました。

先日行ったお台場の未来科学博物館には軽食の取れるコーナーがあるのですが、そこに「出汁バー」なるものがあるのね。この時は「かつお」と「いりこ」をチョイスして娘に飲み比べさせたのですが、ちゃんと分かったようで感心したのです。ヨメはあまり「いりこ出汁」を使いませんが、讃岐は「いりこ出汁」をよく使うよね。讃岐うどんでも使われるし。
自分が繊細な味を理解できる舌だと思っていないので娘にはもうちょっと繊細な舌でいて欲しいなと思っています。今度は「いりこ出汁」も娘と取ろう。

すり流しも出汁の味から始まって徐々に味見しながら味付けをする、というのを経験。食卓にのぼったすり流しを飲んで「うん」と海原雄山のような娘でありました。

明日は結婚記念日です。でもそれより何よりブルの月命日です。







[PR]
by wakka-w | 2017-08-01 21:00 | 0-5歳児なう | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー