夏休み2017 ハワイ 2/4日目ランチSenia〜イルカの肌質は濡れたナス

ダイヤモンドヘッドを登りきり、帰りのトロリーに乗るカッパチーム。いろんな会社のトロリーが同じ停留所に迎えに来ますのでお気をつけて。ドライバーが「ダメ!」と子供に言うように注意しているのを良く聞きました。
このトロリーはワイキキからダイヤモンドヘッド、カハラモールと続きワイキキへと戻ります。グリーンラインのトロリーです。
帰りも1箇所景色の良い場所に停まって5分程の写真撮影の時間がもらえます。必要ない人はトロリー内で待っていれば良い。そしてヨメは「そんな事よりワイキキ帰ろうぜ!」(by Nakajima)

無事にワイキキに戻って来た後はタクシーを使いチャイナタウンへ。向かった先は昨年12月にオープンした「Senia」というレストランです。ハワイの食材を使い色々な料理からインスピレーションを受けた独自のお料理、という雰囲気。

夜に行ってみたかったのですが、ディナータイムに子供を連れていくのはどんな感じか分からなかったのと、チャイナタウン、ダウンタウンは夜はあまり治安が良くないと聞きましてランチを予約しました。ランチなら子供もオッケー。赤ちゃん連れもいらっしゃいましたよ。ちなみに雑誌によく乗っているフォトジェニックな「チャード・キャベツ」はランチにありませんでした。
メニューに子供メニューはありません。ランチ時も基本はコース料理でアラカルトはお酒のツマミという感じ。そしてシェアはしないでね、という注意書き有り。ですがこちらのお料理はボリュームが凄いという事はないので3人分コースをお願いしました。今回は子供がいたからかな、シェアする?(子供と一緒に食べる?)と聞いてくれまして、もちろん!とお願い。
ランチメニューは前菜、メイン、デザートでそれぞれ選びます。メインにはパスタやハンバーガー(お魚)もあって4歳くらいの子供なら食べやすいかな。娘はお肉が好きではなく他はあまり好き嫌いがないタイプですが、ハーブを使っているものは苦手そうながら、前菜のマグロやタコ、メインのラグーソースのパスタ等結構な量を「美味しい!」としっかり食べれていました。コースの中での選択肢はかなりあると思います。

d0041074_09201082.jpg
↑こちら前菜3種。手前から、マグロ、タコ、タルタル
見た目も綺麗、味も美味しい。


出て来たお料理はどれも繊細、そしてデザートまで手を抜かず最初から最後までとっても美味しい。日本でも好まれる味です。いやぁ、(間に合わないなら諦めろとか言われて)ムクれてでも来て良かったわー。カッパも来て良かったと満足。な、だろ?
美味しかったし量もほぼ日本のコース料理と一緒なので4歳児合わせての3人分コース、ペロンチョでした。

d0041074_09200392.jpg
↑メイン3種。
手前のラグーソースが絶品で娘も大好きとのこと。
横の豚、脂身がカリッカリですごく美味しかったです。
マリネされた玉ねぎのグリルや一手間かかったフライドポテトが付きました。
奥のラビオリはヨメは好みでしたが、
ミントが入っていて娘は苦手だった様子。
コースのメインにパスタの選択肢があるので子供も食べやすそう。


大満足おなかいっぱいでレストランを出た訳ですが、雨です。この日は雨予報が出ていたのよね。。時間もランチにしてはちょっと長めになった記憶、、チャイナタウンまで来たら島根の分社の出雲大社や、帰り道の途中でアラモアナショッピングセンターに寄れればベストでしたがどこかに寄る時間はあまりなく。唯一カッパが見たいとかでハワイ・シアター(ハワイ最古の劇場)を見てきました。でもフォトジェニックなのは夜のライトアップ時なんだよね。。
雨も強くなってきた。さてどうしよう、とりあえずTheBus(ローカルバス)でワイキキまで戻るか、ということになりました。
娘は雨が降ったらイルカと遊べないのではないかと戦々恐々。いやいや、イルカ、どこに住んでんねん。大体早々簡単に中止したりしないから。大人の事情は天候より強い。雨、イルカさんと会う頃には止むといいねぇ。

バスに乗って揺られるカッパチーム、カッパもヨメもお酒を頂いておりましてこの揺れが眠気を誘います。結局1本前の停車場で降りれば朝購入したグリーンラインのトロリーに乗ってカハラモールまで行けた(そしてそこからイルカのいるホテルまでタクシー)のですが、最終便に乗り遅れ、ワイキキからタクシーに乗る羽目になりました。トロリーぇぇ
トロリー最終の時間、夕方3時半くらい?グリーンライン、あの値段取っとって早すぎやろ(他のトロリー会社の事は知らず。遅くまでやってるのかね)。

ところでワイキキからカハラホテルまでは約10分くらいのようですが、こちらのタクシーさんは結構のんびり。いつも結構な時間タクシーに乗っているというイメージ。近いのか遠いのかよく分からん。
雨も少し止みそうな気配かな、、と思っていたのですが、結局その後大雨になりまして、イルカを待っている間には携帯に洪水警報まで出てくる始末でした。それでもイルカを触っている時間は比較的小ぶりで良かったです。
イルカの帰りにカハラモールに寄りまして、その後ワイキキまでタクシーで帰りましたがドライバーさんによると数ヶ月ぶりの大雨だとか。さらに年数回くらいの土砂降りが降ったそうです。いつもなら降っても1日降ることはなく、降っても大したことがないようでした。

さてハワイでイルカに触るならどこで触れあいましょうか。
娘がもう少し大きければクルーズツアーも良いですが年齢が足らず(船には乗れるけれど泳げないとか)。
イルカとのアクティビティを楽しめるシーパークがあるようですが、大体半日観光になるようで今回の我々の予定とは合わず。
4歳ではまだ一緒に泳げるアクティビティは他の所のものも含めてないようですね。泳げないならそんなに時間を取るわけにもいかず、触れ合えてすぐ帰れる場所でイルカに会いました。
ワイキキから車で約10分、ダイヤモンドヘッドよりさらに東に位置するカハラビーチに立つのがラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」です。

残念ながら雨で曇り空が広がっていたのですが、高級住宅街の中に静かに佇むホテル、ワイキキとは違う落ち着いた雰囲気の素敵なホテルでした。館内のシャンデリアは他のホテルと一味違い、色とりどりのベネチアンガラスでできています。涼しげながらクラシカルで綺麗だったなぁ。
このホテルには6匹のバンドウイルカがいます。ラグーンを囲むようにしてドルフィンを見ながら泊まれる部屋もある様子。

4歳の娘がイルカと触れ合えるアクティビティ、「ウィーファミリー フィンズ&ファン」は少数グループに1匹のイルカがついて説明を受けながら触ったりキスしたりできるアクティビティで約15分。小さな子供には大人が一人つかなくてはなりません。
説明が英語なのでカッパに任せ、ヨメは遠くから写真撮影。
イルカのいるラグーンに屋根はありませんが、待つ場所には屋根があります。小さなお土産ショップも。

d0041074_09195517.jpg
↑手前には屋根があります。ラグーンを囲むようにしてお部屋が。


生き物とのふれあいアクティビティに関しては、アクティビティ料やそれに伴う写真料金はそのシト達の生活を支えるものと理解して承知しております。しかし正直15分で一緒に泳げない(触ってキスはできる)、という状況に払う値段としては一息飲むお値段。ヨメはカッパにこれだけは確認してくれと再三しつこくお願いしておりました。

イルカなるもの、肌触り、濡れた茄子と同じ也。これ、本当か。

さぁ、遠くからカメラを構えるヨメにも緊張が走ります。濡れた茄子なのか。やはり奴らは濡れた茄子なのか。だったら濡れた茄子を触っときゃいいんじゃないのか。。
アクティビティはもう1組の家族と一緒に「LOMO」ちゃんという女の子イルカがついてくれ、色々な説明をしながらそのつどLOMOちゃんにお腹を見せてもらったり口を開けてもらったりしているようでした。うむ、、遠くから見ると茄子。。
それでも娘がとても嬉しそうにキャーキャーやっているのを見て良かったなと。ふと見たら横のカッパの顔もむっちゃ嬉しそう、、?さてはイルカ、とっても触りたかったのか?(ヨメだって触りたかった)

d0041074_09300876.jpg
↑カッパ満面の笑み。やはりイルカさん結構大きい。


アクティビティ終了後、走り寄って来た娘の最初の言葉が「イルカさんの頭の穴、あれ鼻なんだよ!」そして次が「歯はね、あれは噛むためじゃないの。イルカさんは魚を丸呑みにするの。歯は掴むためなんだって。」キラキラしています。そう、良かった。この笑顔、プライスレス。
そして戻って来たカッパに「どうだった?ナス?」と聞くと

思った以上にナスだった。ヨメが濡れたナス〜、濡れたナス〜って言うからもうそればっかり気になって触ってナスで感動した。

と、横の娘が父の言葉に被せるように

すっごく、もう全然ナスだった!!

と教えてくれました。。あぁ、、茄子。。ナス、、娘とカッパの顔を見たら笑えるほどプライスレス。ヨメは濡れた茄子を日本の台所で触るわ。

d0041074_09301697.jpg
↑LOMOちゃんとキスする娘。
LOMOちゃんの目がつぶらでうっとりしているように見えるのが最高。

ダイヤモンドヘッドもそうだったのですが、イルカのアクティビティも短時間ながらとても娘にとっては良い思い出になったようです。時間の制約もある今回の旅で、イルカに会うかはかなり悩んだのですが思い切ってイルカのアクティビティを加えて良かったと心から思いました。







[PR]
by wakka-w | 2017-09-05 06:23 | 諸々旅 | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30