2018年 01月 30日 ( 1 )

ボンとの絆が強くなっていく程、ブルとの違いを感じるヨメです。ボンが居ても「ブルは帰ってこない」という気持ちが時々突然襲ってきて恐ろしく悲しくなりますが、ボンはボンで毎日楽しく生きているようで微笑ましい。
お散歩も家の周辺を30分程度(?!豪邸か。長時間なのか短時間なのかヨメにも分からんくなってきた。ちなみにブルなら当然10分もかからん。)で1周できるようになってきました。

性格は結構違います。ブルも愉快な子で小さい時はヤンチャでしたが、ヤンチャぶりはボンちゃんの方が強いかもしれません。あまり物怖じしないところはミニヨメコに似ています?(何故。血縁ではない)
何よりオモロイのが、ブルは顔に風を吹きかけられるのが嫌いでしたが(止めてほしい時に息を吹きかけるとすぐ止める)、ボンはまっっっっっっったく意に介しません。まるでT.M.R。

なんでちっか。♪なまあっし みわくの まぁ〜めぃど〜〜♪ってか。プスー(おにゃら)

現代っ子(定義謎)か。
おそらくブルさんよりガサツなのでしょう。それはそれで良いですね。こちらも遠慮せず躾できます。これがヨーロピアンとアメリカンの違いなのかもしれない。単に個体差かもしれん。家庭に入る年齢差もあるかもしれません。

今日はヨメ、久々のお友達とランチをしてきたのですが、そのお友達がブルさんとボンちゃんに、とオモチャとお菓子をプレゼントしてくれたのです!思わず泣きそうになるヨメ(ブル関連では究極に涙腺が弱い)。
そのオモチャをボンは今キュウキュウ言わせながら夢中で遊んでいます。その姿を見て、ブルと「血みどろグレイシー」を思い出しました。血みどろグレイシーは本来はただの「グレイシー」(犬のヌイグルのオモチャ)なのですが、ちょうど乳歯からの生え変わりの時期を経験していた(と思いたいが、遡る元気はない)ブルさんはグレイシーを噛む度に口から血を流して(?なにそれこわい)遊んでいたのです。








[PR]
by wakka-w | 2018-01-30 21:02 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31