2018年 02月 27日 ( 1 )

やかん変遷

一番最初に持ったのがOXOの白いヤカン。長いこと使っていたけれど、ケメックスのウォーターケトル(昔のストッパーがコルクのやつ。今のはシリコンで味気ないんだなー)をebayで手に入れた事でOXOのヤカンは弟だか母に貰ってもらった。

ビンテージのケメックスは大変格好良く、ビンテージ故かコルクがストッパーの役割をちゃんと果たさず使用に不便はあったものの、ヨメはご機嫌に使っていた。しかし「物を壊した結果ヨメが激怒する」事を恐るカッパには大不評。まぁ注ぎ口もコーヒー使用ではなかったしな。それにガラスはどんなに大切に扱っていてもだんだん曇る。そしてとうとう経年劣化でひび割れ。

実はストックを持っているが、この頃からコーヒーを毎朝飲むようになる。コーヒーを飲むなら月兎印のスリムポットが大変便利。大小持ち、特に小さい方は毎日大活躍であった。

特に不満もなく使っていたある日、なんだか妙にスリムポットが汚い事に気づく。汚れが焼き付けられたような、、これは、、まさか。と思ってカッパに問いただすとやっぱり。
空焚きしてしまった、と白状するカッパ。おいおいおい、バレんとでも思っていたのか。

白いケトルに空焚きの汚れ。ちょうど欲しいヤカンもあったのでそろそろ買い替えか、と思いながらの最近のキッチンの片付けにて、コッツウォルズのアンティーク屋で購入した銅のヤカンを発見。磨いたらピカピカになりそうだな、と買ったはいいが、その時には別のものを使っていたのでしまい込んでいたのを思いだした!
という訳で、昨日磨きました。ピカピカになりました。

あちらのものなので注ぎ口は紅茶に良いようにできているらしく、コーヒーを淹れるにも良さそうです。断捨離ついでにお宝発見。

それにしてもうちは鍋が多い。クリステルのスタッキング可能なものが普段使いでそれ以外に重い鍋がゴロゴロと。ダンスクのビンテージカラーはひたすら黒に近いネイビーでカッコいいから捨てれない。サルパネヴァの鍋は底が錆びて見る度にかなりストレスだけれど、カレーを作る時は必要。土鍋で大トリは「豚」の鍋。クラスカの展示で一目惚れしたやつでこんなの手放したらもう出会えないから捨てれない。可愛すぎる。
鍋は断捨離する訳にもいかず(捨てるとしたら結婚祝いにリクエストしてもらったル・クルーゼの白い「ハート」型w 経緯を考えるとこれは捨てれん、更に勿体なさすぎる。これが捨てれんなら他も捨てれん)、毎晩鍋を両手に抱えてキッチンを右往左往しております。

たまにボンちゃんが来てフンフンやってママンに怒られております。ボンちゃん香ばしいかほりがしてきました。そろそろまたひとっ風呂の時期か。ボンちゃん猫みたいに暴れるからなー。








[PR]
by wakka-w | 2018-02-27 10:25 | ブルち 関係ない | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w