2018年 03月 01日 ( 2 )

ブゥちゃんは若い頃、ユーカヌバで育った。そして渡英時はとりあえず手に入る知名度の高いフード(今は知らんが、あの頃はロンドンにペットショップがなかなか無かった。でもスーパーにはドッグフードがあった。)を食べていた、、と記憶。
そして帰国後、多分ユーカヌバに戻したと思うのだけれどある時点から涙焼けが気になるようになり、「涙焼けに効く」という口コミでアズミラに変更。アズミラはブルに合ったらしく、涙焼けもなくなりそれからはアズミラ信者に。

ボンちゃんもアズミラで育てるべく、同じように用意。ブルは途中でラムでアレルギーのようなものが出た(別に調べてないので本当のところは分からんがまず間違いない)のでアズミラはターキーのものを使用。
ボンちゃんはターキーの入ったドッグフードで育ったらしい。それもあって特に心配していなかったのだけれど、なんということでしょう。どうもボンちゃんにはアズミラが合わないらしい。マジでー。
ボンちゃんの体調が治って、いまだ先生のところで貰った消化器系に優しいフードを食べているが、そろそろフードを戻そうとアズミラを混ぜたらどうもンコが緩くなってきた気がする。。えぇえええーーー何の疑いもせずブルに買っていた量で購入してしまった。まだ沢山あるのにーーーーママン涙。

仕方ないので切り替えるのは良いのですが、何に切り替えるかとても悩みます。ブルの時代はそもそも「プレミアムフード」というカテゴリーも無かった or 先駆けの時代で大体みんな似たようなイメージだったのですが、今やプレミアムフードでさえ色々種類があって選び方がよく分かんない。
手作り食は今の所予定がないし。。

とりあえずフレブルは高タンパク質低脂質を選ぶと良いようですが、あとは利便性だろうか。アズミラは基本通販でいざという時の心配は少ししていたので今回はショップでも売っているものを、と思っている次第。
明日一緒にペットショップに行ってみるか。面倒クセェ男だなぁもう。

ところで今日ボンちゃんが台所で粗相。ヨメはとにかく忙しかったので気づきもせずに踏んでしまい、スリッパが殉職しました。ありがとう、スリッパ。立派にヨメを守り抜いたやで。でも2足目なんですけれど。

さてボンちゃんもうちの子になって2ヶ月は悠に過ぎました。ボンちゃんは相変わらず。ブルより我が強い。ちょっと子供っぽい。でも家族はもちろん大好き。家族はちゃんと覚えました。多分。家もちゃんと覚えました。多分。
あとこのシト吠える。そんなに吠える訳ではないけれど、こまけぇ事で吠える男です。そしてちゃんと犬の吠え方です。ブルはオットセイの鳴き声(詳しく聞いた事ないけど)でしたが、それって若しかしてブルは小さい時にすぐに兄弟と離されて鳴き方を知らなかったのでは、、と最近思うようになりました。ボンちゃんは長い事他のフレブル仲間と一緒だったからねー。ある意味野生児というか純粋にフレブルに囲まれて育った子。

ヨメの事を「ママン」と認識しているようですが、まだ完全に信頼しているわけではないというか、「ママンの言う事はちゃんと聞くでっち」に至りません。カッパに言わせると「オスワリの趣旨(?)が分かっていない」。オスワリをするかどうかの決定権がまだボンちゃんにあるようです。オヤツも匂わせないと何か分からないようです。何故。犬の嗅覚とは一体。

(犬の嗅覚は犬が必要だと思った時に発揮するもので常時開放型の能力ではないようですが、「はいボンちゃん、どうぞ」とママンが手に持っている何かを見たら普通は「なぁにそれ?」クンクン、、じゃないの?なんで微動だにせずママンを見つめるんだよ。お前が求めているものはそれ以上の何かなのか。力か。それとも世界が欲しいとでもいうのか。)

面白い事にオヤツを食べるのもヘッタクソです。ちっさい犬用ポップコーンをいつまでもクッチャクッチャしてたりします。細長く裂かれた馬肉や細いスティック状のオヤツを手で固定して食べたりしません。。鹿のツノはちゃんと自分の手で固定して噛んでいるだろうが。一緒だよ一緒。細長いものは手で固定すると食べやすいんだよ。

今日の散歩は少々暑かったようで、ハァハァしていたのでお水をあげたのですが

なんでっちかこれ。水じゃねーか、見せてきてどーすんだよこれ。

状態。飲むんだよ。

毎日が新鮮です。でもブルも小童の時は色々やらかしたからボンちゃんもそのうち落ち着くのかな。イメージ湧かないけれど。でもブルの時も落ち着いたブルなんてイメージ湧かなかったもんな〜と思うママン。



[PR]
by wakka-w | 2018-03-01 22:04 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)
ブルにも何度か試した事のある、歯石取りスプレー。いろんなブランドから出ております。

ボンちゃんはオヤツと言えば鹿のツノだった事が幸いしてか、まだまだ小童だからか分かりませんが、見える所は綺麗な歯をしております。が、奥歯は頑固な歯石がついておりました。
犬の歯磨きも若い頃からしっかりしてやらないと歯石が取れなくなっちゃうんだよね。
ブルもだんだん歯石がついてきまして、何度が歯石取りスプレーを使ったりしてみたのですが、あまり効果がなく。そこはずっと反省しておりました。

2代目のボンちゃんはしっかり歯のケアをするぞ!と思って磨いておりますが、この奥歯の歯石は磨いたくらいでは全く取れる筈もなく、今回もまた歯石取りスプレーにチャレンジ。この手のスプレー、高いねん。気軽にこんな値段付けやがって、と言いたくなるお値段です。

しかし効果がありました!驚愕。マジで?マジで効いたやん!!と心底驚くヨメです。(値段的には効いてくれないとマズイのですが、今までちゃんと効いた事がないので。)しかも思ったより早く歯石が取れたー。感激。

この手のどの商品でもそうですが、評価を見ると効果は個体によるみたいですね。それから匂いがダメな犬もいるみたいだし口内が痛んでいる状態だと沁みる素ぶりを見せる事もあるようです。でもボンちゃんには効いたみたい。

そう言えばボンちゃん、相変わらず黒い謎の液体を口から出しません。ブルは?ねぇ、ブルのあれは本当になんだったの??
思わずあの謎の黒い液体(まぁ唾液と思われますが)がブゥちゃんには歯石スプレーが効かなかった理由の一つかもしれないが、寧ろあれが何か悪しきものからブルを守っていたのかもしれない。


[PR]
by wakka-w | 2018-03-01 10:14 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w