2018年 03月 04日 ( 1 )

ひな祭りですた

昨日はひな祭りでした。が、5歳になったらひな祭りも親子揃ってキャーキャーワーワー!!というのは落ち着き、ひな祭り、嬉しいねぇ、ママも女の子(!?←私が言ったんじゃないですよ、娘が言ったのです。)だからおめでとう!ウフフ、エヘヘな穏やかな日常でございました。
個人的には大きなお雛様にしなくて良かった、と心から思っています。ヨメはそういうのがキッチリできる人ではなかった。その代わりちゃんと吟味して選んだお雛様にして良かった。毎年飾るのが嬉しいお雛様です。

夜にはちらし寿司とハマグリのお吸い物。今年はハマグリのお吸い物が上手にできたなぁ。ちらし寿司には菜の花の素揚げをあしらいましたが、その苦味が大人には嬉しいアクセントになりました。娘も喜んで食べておりました。
桜餅も食べたでよ。うちは道明寺の桜餅です。

着々と春に向かっておりますが、カーディガンも一応進んでおりますよ。合間を見つけて前身頃ももうすぐ完成しそうです。ボタンホールも空いております。ここまできたら有り得る失敗は「接ぐ段階でズレてて震える」くらいか。でももうそういうのもキッチリしてないとダメ、というソリッドな歳でもなくなったので気楽にやります。
「そういう歳」と言えば、花粉症の一番の対策?は「加齢」と聞きました。歳を取ると(そうは言っても若い頃よりは)鈍感力が強くなる傾向があるかと思いますが、花粉に対しても鈍くなるそうです。便利ねー、妙に切ないけれど。

あと備忘録。ボンちゃんねー。左目に軽い傷があったようです。点眼一発でショボショボはなくなりました。でもついでにンコを調べたらまたカンピロバクターがいたようです。
今回は抗生物質ではなく、ミヤリサンなる、ビオフェルみたいな薬(人間の市販薬)でお腹を整える事になりました。フードも探す前にしばらくは先生のところのお腹に優しい療養フードを続けることに。お腹の弱さはどうもボンちゃんの体質みたいです。加齢と共にに徐々に落ち着いてくるのかなーと気楽に付き合うことにしました。

本犬は元気いっぱいです。今日ふと見たらトイレットペーパーの切れ端?だかを噛み噛みしておりました。なにしとんねん、と取り上げられるボンちゃん。外でカメムシも噛み噛みしておりました。なにしとんねん、と喉に指を突っ込まれるボンちゃん。
散歩中、気づかない速さで口に何かを入れます。立ち止まったりしなくて小走り歩きしている途中で口に何かを入れるのでビックリします。なにその役に立たない特技。小石とかよくわからないプラスチック的な?ものとか。

ママンが目ざとく見つけて「ボンちゃん、ch(ちょーだい=口から出せよ)、、」と言いかけるとこれまたシレーッと小走りしながら口から出します。味がしないものは出すんだよね。それからママンが「ちょーだい」を言って言うことを聞かなければ喉に指を突っ込まれるのは理解してるみたいなんだよね。

僕、なんも口に入れてないでっちよーーーーーー(棒)

という顔でまっすぐ前を見据えて小走りするボンちゃん。1歳と40うん歳の攻防は続きます。












[PR]
by wakka-w | 2018-03-04 10:04 | ブルち 関係ない | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w