人気ブログランキング |

2019年 03月 24日 ( 1 )

d0041074_22251572.jpg
↑ 広場の中枢施設「KOKEMUS」2階のカフェより

ミニヨメコが卒園してからの初週末。
地味に楽しみにしていた埼玉県飯能のムーミンバレーパークが、先週だかにオープン。早速行ってきたカッパ家です。ボンちゃんは散々悩んで今回はお留守番(今日行ってみたらワンコわんさかいましたよ♪)。
そんな訳でオープンほやほや2週間目のリアルをお伝え致します。

さて早速の到着。オープン30分前くらいにパーキングに停めれました。カッパ家にしては珍しくお早い到着だったのですが、すでにオープン待ちの長蛇の列。道中は想像していたよりかなりスムーズだったのでドキドキしていたヨメとカッパ。早く来すぎて寧ろ恥ずかしいのでは、と思っていましたが、この列の長さ、アトラクションの中で一番人気と聞いているムーミン屋敷の見学はできるのか。
入園とパーキングは早々に予約していたのですが、早々過ぎたのか、アトラクションのチケットは当時「現地で取って」となっておりまして予約できなかったのよね。。入園したらまずは屋敷に向かわねば(当日券はアトラクション施設の前で購入発券できる)、と気合いを入れていたのですが、なんと言うことでしょう。オープン15分後に屋敷に着いた時にはすでに当日分が売り切れておりました。なん、、だ、、、、と。。?
ショックを受けつつ他のアトラクションをネットで購入↓
ムーミンバレーパークって、まず入園券が必要で、入園券を持った者だけが中にあるアトラクションのチケットを予約、若しくは現地購入できます。当日券はアトラクション施設の券売機を利用する他に、ネットIDで購入することが可能。今日は券売機も並んだ状態だったので現地でネット購入しました。

購入後は時間までしばし散策。昨日再入荷されたらしいアラビアの限定マグカップ、園内のショップを覗いても見つからずでスタッフさんに尋ねたら、そのマグカップだけ別の場所で販売されておりました。小さな路面(屋台)のブース。混雑緩和かな。こちらもまた朝は長蛇の列、、だったのですが、夕方には並ばずとも購入できるようになっておりました。今日は多分完売してないんじゃないかしら。それにしても凄い人気のようで、できれば来たら必ず買えるいつでもそこで販売している現地限定品であって欲しいものです。モノとの出会いもまた一期一会。行ったら欲しいなぁと思ったモノが売り切れて無い、というのは悲しい。多分特に若いうちは(最近買えなかったら「あら残念」で事足りるようになった。あんなに物欲の魂だったのに)。

11時には野外劇場でムーミン達が登場。カッパとミニヨメコが観劇中にヨメはショップ散策。今回ヨメが楽しみにしていたのは
1. ハガキを投函する事
2. オイルサーディンを購入する事
3. ワークショップに参加する事
の3つ。で、早速の2番っすよ。オイルサーディン。これ、事前にネットで見ていたのですが、何故かオイルサーディンが売られていまして、それが入っている缶のイラストががヨメの好きな原画。

d0041074_22252766.jpg
↑ オイルサーディン、シャレオツ。


帰宅後早速今日はこのオイルサーディンを使ったパスタにしたのですが、中を開けるとパスタとピッツァのレシピが同封されておりました。あら素敵。
d0041074_22254561.jpg
↑ 中は真空パックなので消費期限が缶詰め程長くありません。缶は横開き。
レシピの裏イラストは缶の表イラストと同じ。
缶の裏にはムーミンバレーパークのロゴマーク入り
お土産品としてちゃんと作ってある好印象

因みにヨメのパスタは、このレシピではなく、適当にオイルサーディンを食べやすい大きさに切って、オイルサーディンの油とバターでニンニクを炒め、そこにオイルサーディン、きのこ、たけのこを投入。茹で上がったパスタを入れた後に醤油を回しかけ、味を整えて千切りのシソを乗せたら完成。食べる時にレモンを絞る、とゆー適当パスタでございます。大変おいしゅうございます。

中央施設の大きなショップは昼頃から結構混みだしていました。やはり劇をやっている間は比較的空いてるー。ショップを覗いているだけで時間が経ちまくるヨメ。

ショップに関しては各エリア毎に小さな小屋形式のショップがあるようで、中にはポストカード専門のショップも。ショップの前にポストもあり、投函したらムーミンバレーパークの消印を押して届けてくれるみたいです。今日は12時頃が最後の集荷だったようなので、当日消印が欲しい方は早めに確認した方が良さそう。ムーミンの切手も販売してました!これは嬉しい。ただしシート毎の販売です。1枚だけ、みたいな買い方はできないみたい。
皆んなで一言ずつ書いてスナフキンの切手を貼って投函。我が家に届くのが楽しみです。

劇終了後。ミニヨメコ達と合流して、500円でできるミニゲームコーナーでも2種類のゲームを遊んできました。小さな子供も楽しめるミニゲーム。条件をクリアしたらヌイグルミを貰えるようですが、失敗してもピンバッジが貰えます。ヨメ的にはヌイグルミよりピンバッジがオシャレで嬉しかったです。ミニヨメコはクリアできなかった悔し涙を見せておりました。。いやこれゲーム、、しかもミニ、、別にそんな本気で、、やらんでも。。何故そこまで、、、戸惑う母と父。ピンバッジを貰う時には歯を食いしばって「ありがとうございますグヌヌ」みたいになってました。。いや何故そこまで、、(戸惑いとおかしさで笑う保護者)

この辺りでお昼時。メイン広場にはメインショップ、レストラン、ワークショップ、資料館、カフェが併設された施設があるのですが、今日はまだ2階のカフェを知らない人も多いのか、カフェは穴場になっておりました。但しスイーツがメインでご飯ものとかは有りません。
カフェの横にはミニショップ有り。同じフロアでワークショップ有り。
ワークショップでは「はなうま」(ムーミンのキャラクター)の絵付け(時間指定有り)をしてきたミニヨメコとヨメ。こちらは事前予約可。
はなうまの形に切られた木にペンタイプのリキテックスで色を付けるので、比較的小さなお子さんもサポートがあれば全然できそうです。表をミニヨメコ、裏をヨメが絵付け。

ママ、大丈夫?一色(黒)だけとか良くないよ?色んな色を使う方が可愛いからね。描くんじゃなくて、ちゃんと塗って?その方が寂しくないから。大丈夫かな。。

d0041074_00562593.jpg
↑ 赤い紐は最後に首につけるリボン


と言うミニヨメコを鼻で笑うヨメ。フフン 「はなうま」なので勿論可愛く仕上げてやったぜ(満足感)
ミニヨメコの絵付けもミニヨメコらしくて凄くいい作品ができたと思います。これ、またやりたいなぁ。ミニヨメコもまたやりたい!と強く言っていました。

ワークショップでは缶バッジも作れるようで、今日のところはいつでもできるようでした。少し大きめの缶バッジ。20種類のイラストから作れるようです。ヨメが色塗り中にミニヨメコが1つ作っていましたが、大きめなのが可愛い。ムーミン達は可愛いなぁ

ヨメが楽しみにしていた3つは上記の様子でコンプリートできましたが、アトラクションは年齢制限でミニヨメコができないものと、チケットが完売したムーミン屋敷を覗いて2つだけ参加できました。パパの冒険話とミーのお話。
正直、あまり期待しておらず、期待していない割に入園料とは別にお金が掛かるのでどうなんこれ、、と思っていましたが、意外に良かったです。ってか、結構楽しかったの。どちらも10分くらい。

有料アトラクション以外に「ヘムレンさんのゆうえんち」という小さな遊具エリアもあります。子供はとっても楽しいみたい。フォトジェニック。ヨメは見てても楽しかったわ。

オイルサーディン缶もそう、アトラクションもそう。こちらの公園、そもそもエリアが小さいし場所も場所なだけにどうかなぁと思う人も少なくないかと思いますが、結構丁寧に作ってあってヨメは好印象。末長く続いて欲しいという応援の気持ちが湧きました。刺激を求める場所ではない。のんびり
ショップは大小チラホラあるので、ムーミンそこそこ好きでお買い物も好きな人は嬉しい。そうじゃない人は「ショップ多くね?それよりもっとアトラクション増やせばいいのに」と思うかも

ムーミンバレーパークは犬の入園もオッケー。広い場所でもなければ面白いものが沢山有る訳でもない、もちろんアトラクションやレストランの屋内には犬は入れませんが、気楽に散策するには楽しいと思います。ヨメも次はボンちゃんと来てみたいな。

カッパ家には合ってたみたいです。早く行って早く帰ろう、と言っていたのに公園を去ったのが5時過ぎ。周りの車もまばらになって(笑)、高速までの道も普通に空いておりました。
でも充実した1日が過ごせました。「意外に良かった」と言うのが正直な感想で、ヨメは嫌いじゃない。ガチ自然派!とかガチテーマパーク!とはちょっと違う場所です。緩く長く育っていって欲しいなぁ。

あ!結局画像がオイルサーディンだったりしますが、お土産も可愛いものが沢山あったよ。ミニヨメコはここ限定のフラワークラウンリトルミーのぬいぐるみをカッパに買ってもらっておりました。頭に花輪が付いてるだけ、と言われればそれまでだが思い出はプライスレス













by wakka-w | 2019-03-24 23:24 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w