人気ブログランキング |

カテゴリ:ブルち&二代目ボン( 598 )

大雨

国産カブ達が蛹になり始めた模様。
ヘラ夫は変わらず元気(荒ぶる魂。好戦的)。外国産の幼虫達も多分元気。

d0041074_14033392.jpg
↑ ママン大好きだからお膝に乗せておくれでっち。
ボンちゃん無精髭が目立つ

ゴールデンウィークの神戸での事。
ボンちゃんを散歩させていたら公園で遊んでいた子供が、ボンちゃんをチラチラ見ている。見たいのかしら、、と思って声を掛けるとこれはブルドッグか?と聞かれる。惜しい!フレブルやで。
触っていいか、と聞かれる。ええで。触って開口一番

顔ぐしゃぐしゃや!(笑顔)

うん、その表現は新しい。皺くちゃとかは偶に聞くが、ぐしゃぐしゃはないなぁ。シンメトリーなのでぐしゃぐしゃでも無いけどな、と思いつつ、子供の表現はオモロイなと思って別れを告げる。子供は満足した様子。この顔が怖いという子もいる。どうかぐしゃぐしゃで面白かった(可愛かった)と思ってくれる大人になることを願う。
願っていた事を忘れていた翌日の夜、そんなお兄さんにも遭遇↓

お兄さん達ともぼんちゃんの散歩途中に遭遇。散歩をさせていたらボンちゃんを見かけた先輩後輩の関係らしいお二人の内、先輩の方がもう堪らなく「鼻ぺちゃ族」を愛しているようで、ヨメの事など気にせず大きな声で後輩に鼻ぺちゃ族の愛らしさを語りだす。後輩くん、引き気味ちゃうの、大丈夫、、と思いながら通り過ぎようとすると声を掛けられました。

この子、パグですか?
ちゃうで。

なんとなく、聞こえる話でパグの話になってないか、、?と思っていたけれど、やっぱりな。フレブルやで、と答えると、喉の奥に刺さった魚の小骨が取れたような晴れやかな顔になり、声のトーンが一段上がる。どうも本人も違和感を感じながら尋ねた様子。本当に好きらしい。ペットショップで見かけたらずーっと見ている、と後輩に語っておりました。種類は間違えたが知識はあるらしく、あんた今日からフレブル飼えるわよ、というくらいには知識も愛もある先輩。
ヨメ的には引き気味だった気がする後輩も、ボンちゃんと別れる時には笑顔でボンちゃんを見ておりました。

この旅で岡山城に行った時もボンちゃんは可愛い可愛いと言ってもらい、愛情を頂いていたボンちゃん。
因みに娘のお友達の一人は犬好きなのにボンちゃんの顔が怖くて仕方ないらしい。けれどもそのお姉ちゃんはボンちゃんが可愛かったからフレブルを飼いたい、と言っているらしい。そしてお友達のパパさんは飼うならフレブルらしい。お友達のママも犬好きとのこと。

「大雨」のタイトル忘れてた。今日のこの辺りは朝から大雨。風も強くて、昼頃は雨が窓を打ち付ける音が台風のような時間も一瞬ありました。朝よりは落ち着くかなぁと思ったけれど、まだまだ降ってそう。今日の帰りも娘には初めての下校景色だわ。





by wakka-w | 2019-05-21 14:24 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

飼い主に物申す犬。

今日は珍しく娘が昼寝(と言う名の夕寝)。やはり気が張っているのでしょう。ランドセルが重い重いと言いつつ走って出発する姿も笑えます。つい最近まで幼稚園のリュック(お弁当のみ)ですら「重いから持ってー」と言っていた(「持たない」で終了の母)のに、あんな重いランドセル背負って小学校まで行っとるやんけ、と思う母。

ランドセルだって売ってる中で一番軽いランドセルちゃうやろか。ランドセルの色にはこだわりの無かった娘。希望は「黒以外」「スタッズ部分がハートとか可愛いの」(色はどうでも良いのに謎のこだわり)、そして「軽い」でした。
突然至極合理的で実用的な「軽さ」の追求。

さぁそんなお姉ちゃんを尻目にボンぼ。今日はボンぼに物申されました。なんやねん、この犬(笑)散歩の時のことです。

ブルの時からそうですが、散歩中にあまり匂いを嗅がせないヨメ。やはり他のワンさんのマーキングの匂いをチェックしますので、そういうところから病気が映る可能性もある、あまりしつこくは嗅がせないように、と書いてあった飼い方の本に倣っております。ブゥブもしばらく匂ったらママンに合図を送られてしぶしぶ歩き出す、というのを繰り返していたのですが、最近ボンぼが「マーキング」に気づいたようでちょっとしつこく匂いをチェックするようになりました。

ややや、この細長いところ(電信柱)にはなにやら気になるかほりよく付いているでっちね、、はっ!これはまさか他のワンさんの匂い?何故こんなところに??最近どうも気になるでっち!!!フホフホフホ 
A. うーん、なんだかテリトリーアピールの予感、、
B. うーん、なんだか素敵な女子ぃのかほり、、

まぁどっちかなんやろね。
今日あまりにしつこかったので「ボンちゃん行くよ〜」とリードを少し引っ張ったのですが、ビクともせず、更に強く引っ張ったのですが、それが腹立たしかったようです。

突然「僕は動かんでっち」ポーズ(顔をママンから逸らして体に力を入れる)をしたので、なんだと、、?ともう一度強く引っ張ったらボンぼはママンと対峙する格好をとりました。
そしてなんと、ママンを見据えて口をワナワナ動かしながらまるで抗議するかのように息から漏れる声が。

ワナワナ、、ママン、それは失礼じゃないでっちか!僕は今真剣に匂いをチェック&分析しているんでっち!犬の本業に茶々を入れ、あまつさえ もう行こうとするとは何事でっちか!!それが飼い主の所業か!

なんなんこの犬。
思わずヨメも声が出ます。「ボンぼは一体なんなん。なにそのスキル。」

なんらかの偶然行為にも思いますが、どうもこの男は我が強い。明らかにママンに抗議をしていたようにしか思えん。
来た頃は外を歩くのが怖くて家の前の道から全く動かなかったのが失笑、な程の堂々っぷり。俺は嫌いじゃないぜ。





by wakka-w | 2019-04-11 22:45 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ポルチーニ豚。

ここ数日ずーっと工作作業が忙しくてご飯もチャッチャと作れるものでサッサと。昨日はポルチーニ茸のクリームキノコパスタにしました。乾燥ポルチーニをお湯で戻していると娘からポルチーニは苦手だ、と言われ、ポルチーニ様は望む者だけのものであれ、という事で、彼女にはふっつーのきのこクリームパスタを作りました。
そしてそんなやりとりをしている間、常に床と同化している幸せ次男坊が突然ムックリと起き上がり、ブボブボブボブボとキッチンに入ってきたのでした。

ブボブボブボブボ。。!!!ややや、なにやら芳しき高級なかほり、、、ブビブビブビブビブビブビ。。。(リピートエンドレス)

ボンボちゃんはポルチーニが分かるようです。違いの分かる男。これがあのポルチーニ豚、、、、!!!!!
と思ったのですが、よくよく考えるとトリュフ豚ですね。豚は。でも今はトリュフ犬なんだっけ。豚はトリュフ食べるから(白目)。でも犬も噛みそうだけれど。少なくともブゥぶとボンボは食べてみようとするな。ヨダレでダラダラ

で、今日。

作業がようやくひと段落、、と思っていたらイレギュラーな問題発生相談発生。まぁヨメの人生そんなもん。
そんなんで今日は鯛茶漬けです。美味しい、すぐできる。簡単。

娘は卒園遠足。親は謝恩の練習。ヨメは謝恩にちょこっと顔を出して他の作業。
遠足は上野動物園です。天気も良く、比較的暖かく、動物園日和でした。娘は数週間前からグループ決めやらグループに付く先生の発表やら、バスの席順決めやら、グループでどの動物を見るやら色々沢山話し合っていたようでした。10人グループの中、女子ぃは2人。マイノリティもどこ吹く風、常に希望を発言しまくって男子ぃの一人と丁々発止する日々だったようで、「ミニヨメコちゃんと〇〇君の話がいつも平行線で地図が真っ黒になっていた(行きたい道順を地図に書き込んでいたらしい)」と同じグループの心穏やかな男子ぃがママにお話していたようです。そんな話、ミニヨメコからも聞いていた事を思い出したわ。

そんなこんなな日々を過ごし、今日は酔い止め薬を飲んでのバス移動だったのですが、酔う暇もないくらい盛り上がったようで、先生の語る様子からも凄惨(笑)な様子を垣間見ました。前々からずっと思っていたのですが、どうもうちのクラスは皆好き勝手な個性派揃いやねん。むっちゃ大変やったと思うわ。
おかげさまでとても良い思い出になったようです。





by wakka-w | 2019-02-22 21:31 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

暴君ボンぼ

ボンちゃんのおたんぞーびが近づいてまいりました。あと2日寝たらボンちゃんも2歳です。昨年1歳になる直前に我が家にやってきて、1歳のおたんぞーび当日は娘の発表会で初の長いお留守番。あれから1年。大きなトラブルもなく、元気に真っ直ぐ育っております。
最近は夜、人様のベッドでヘソ天で寝るようになり、あぁ、ボンちゃんもどんどん寛いでんなぁとその様子を嬉しく思っております。
しかし微笑ましく思っていたのも束の間。ボンちゃんがヨメの枕を奪うようになってきました。暴君か。

最初は足元で遠慮がちに寝ていたボンちゃん。それが段々と布団を遡上(鮭のように)してきまして、ヨメの横にくるように。あらあらまぁまぁボンちゃん可愛い、、と思っていたのも束の間。また束の間。
今度は布団の中に入ってきて、ヨメの腕をあご枕にして眠るようになりました。まぁ、、とうとうボンちゃんも。。この感じ、懐かしい!!
懐かしいと思ったのも束の間。そのうちヨメの枕をあご枕にして布団から頭を出すように。お、おぅ、、まぁボンちゃんの頭、ブゥブより小さいからいいけれど。。この時の枕使用率、ママン8割。ボンちゃん2割。
ちょっとこれ以上はしんどいわ〜。まぁでも一晩中ってことでもないだろうし、、と思ったのも束の間。

とうとうボンちゃんはヨメの枕を普通に自分の枕にしてヘソ天で寝るように。完全に人間style☆ しかもイビキがおっさん級。どこまで、、どこまで寛ぐ気なのか。

横で宇宙人が寝てるのとなんら変わりありません。毛深い宇宙人がヨメの横でヨメにピッタリくっついて寝ている。爆睡。顔近すぎ。なんなら寝息が顔に当たる。







by wakka-w | 2019-01-26 10:53 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)
ボンちゃんが最近ケツテレをするようになりました。
しかしボンちゃんは距離感がまだ掴めていないのでしょうか。それとも地なのか。

寝ているヨメの肩を踏み座り、顔にケツを当ててきやがりました。

生ぬるい息苦しさに目を開けるとギャッ!マジかよ!!






by wakka-w | 2019-01-10 15:13 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

娘とボンちゃん。

娘は生まれた時からブゥブに教育的指導をされて育った。彼は娘の「お兄ちゃん」というスタンスを崩すことなく先に旅立った。

ボンちゃんは会ったその日から娘とは「同格」というつもりらしく、どんどん娘っ子らしく成長している娘は「ボンちゃんのお姉さん」というつもりでいるらしい。その互いの想いが重なることはなく、娘がボンちゃんに年下をあやすように話し掛けると、ボンちゃんが娘に襲いかかる(犬と遊ぶような、まさに組んず解れつ)、、とゆー、常にボンちゃんの絶対君主で全く抵抗される事のないヨメには鼻ホジーみたいな状態を毎日見ている。

そんなボンちゃんは一緒にベッドで寝る時に布団の上で寝ることがあまりない。どうも少し冷んやりしてサラサラで適度に硬いところがお好みらしく、布団の中に入ってくることも皆無。夏は良かったが冬になって羽毛布団が登場しているここ最近、どうも居心地が悪いらしい。一昨日はとうとう娘のベッドで寝ていた。(娘は綿の掛け布団にベビパカの毛布で寝ている。そしてそれらを蹴散らしてはだかパジャマ一貫みたいな格好で寝ている)
ブゥブの時代は娘が赤子であったので娘のベッドには入らないよう躾たが、ボンちゃんもそのように躾けた筈がどうもあいつは言う事を聞かん。ブゥブはやはり「お兄ちゃん」であった。

普段、ベッドにぬいぐるみを並べまくっている娘にその話をすると、いつもは嫌がる(ボンちゃんがクンクンするとボンちゃん臭がぬいぐるみに付くらしい。スティッチは謂れなきボンちゃん臭で1週間、お出入り禁止を喰らっていた)
くせに「ボンちゃんと寝る」というのはスペシャルに思えたらしい。
昨晩はボンちゃんのために場所を空けて寝ていたが、結局ボンちゃんは気に入らず、今朝娘が起きてリビングに行った後に娘のベッドで1匹寛いでいた。何故にベッドの私物化

そして今晩、娘は再度挑戦するらしい。ボンちゃんスペースを確保して「ここにボンちゃんを寝かせてくれ」とお願いされた母。どうかなー。ボンちゃん、寝る場所はママンの言う事聞かないくらいこだわりがあるみたいだからなー。

因みにボンちゃんスペースについて。娘の寝相はどこのお子様もそうであるようにアクロバティックな動きをするので

ボンちゃんスペースなどと言うものは存在しない。

娘は夢を見ているようだが、ボンちゃんが寝るスペースなど、ボンちゃんが寝室に入る時間には存在していないのだ。ボンちゃんが娘のベッドで寝てくれると母は楽チンだけどねー。(ボンちゃんは絶対君主のママンの足元で寝る事が多い。絶対君主の絶対リーダーの筈なのに、ママンが足でどくよう促しても無視されるんですがそれは。)







by wakka-w | 2018-12-05 23:13 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ボンちゃん小心者

ボンちゃんを風呂に入れる。ブゥブは風呂に手間の掛からない子であったが、ボンボはビビリーなので逃げる逃げる。そして最終的にコーナーに追い詰められて立ち上がる。立ち上がるとちょうど良いとばかりに腹を洗われる→驚愕するボンボ、、これをひたすら繰り返す。

しかし体を拭く時はボンボが楽。ブゥブはドライヤーに戦いを挑む漢であったが、ボンボはひたすらタオルの端っこを噛み噛みしているので風を当て続けられる。そう言えばボンボは顔に風を吹きかけられても全く動じない男(まだ漢ではない)だったな。
何故ボンちゃんは風が平気なのか。目が乾かないのか。

そしてボンちゃんはほぼ無臭。ブゥブは洗ってもシャンプーに香りに勝つような漢であった(ブゥちゃん臭、ママンは好きだった)が、ボンちゃんは全く匂わない。ちょっと寂しい
石鹸も無臭なので洗うとホント、微妙。

そんな最近のボンちゃんです。

さて先日例年通り、各位のご協力の元松茸様が降臨。大変美味しく頂きました。炊飯器はありませんので土鍋で米を炊いておりますが、松茸様の香りが未だに土鍋に残っており、蓋を開けた瞬間だけ炊きたてのお米にほんのり松茸様の香りがついております。飯だき女の特権か。








by wakka-w | 2018-10-04 13:44 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ボンちゃんの散歩で。

ショッピングカートを引いてとぼとぼ歩くおばあちゃんをロックオン。どうやらショッピングカートを犬仲間だと思ったらしい。

あー、その発想無かったわぁーーー、その発想はブゥブにもなかったわーーーー!!

初めてブルより上をゆく「何か」を醸し出したボンちゃんでした。

最近涼しい日が続いているのでボンちゃんの散歩もちょっと楽です。



by wakka-w | 2018-09-13 16:06 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

写真を振り返ると

ボンちゃんの目つき、ちょっと優しくなったみたい。

腹出して転がってます。



by wakka-w | 2018-09-11 11:54 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

男の意地

一緒に寝る時は少し離れて足元で寝る(そう思っていた)ボンぼ。

今朝起きたらカッパにべったりくっついとりました。あら、、ママンよりパパンが良いのかしらん、、ママンおさびし!

と思ったので、帰宅したカッパに「ボンぼ、貴方にベッタリだったね」と聞いてみると

昨日ベッドに行ったらボンちゃんは僕が寝るところで寝ていたのだ。

と言う。どうやらカッパに場所を奪われたのが気に入らなかったらしいです。




by wakka-w | 2018-08-21 22:33 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31