カテゴリ:ブルち&二代目ボン( 585 )

ドキドキしてる

ブルが来た日を昨日のことのように覚えている。
朝セミホウボウのボウちゃんが星になり、カッパとお迎えに行ったブルは小さなハウス型のダンボールに入ってタクシーで一緒に帰ってきた。車はまだ持ってなかった。
お客が持っているダンボールの中からカサコソ謎の生き物の動く音がしてタクシーの運転手さんは大層気になったことであろう。あの時はダンボールに入っているからといって犬をタクシーに乗せても良いのだろうか、、?とヨメもビクビクしていたなぁ。まだまだフレンチブルドッグも珍しく(ブームになるちょっとだけ前)、「犬同伴」という言葉も今よりもっと浸透してなかった。でも本当に沢山ブルとはいろんな所に出没してみたのが懐かしい。「犬のお誕生日会」にも参加したわ。

今、海水魚のちびちび〜sは汽水から海水に適応したミドリフグのデブとチビがメインになり、今日も元気に餌をねだっている。
お迎えはヨメ一人。カッパは仕事、娘は幼稚園だ。そして車でお迎え。生活も随分変わった。
ヨメの頭にはブルが乗っかっている。

楽しみなのと不安(今日も娘の送迎がある。ボンは一緒に連れて行くつもり)なのと、犬がいると制約も色々出てくるので時には我慢も必要になってくるが、そんなのを引っくるめてすごく大きな喜びがやってくる。
おそらく娘の子供時代のメインペットはブルではなく、ボンちゃんになる。娘にとっても大きな存在になるだろうけれど、その土台を作ったのはブルだからね。


More 忘れられない娘の一言
[PR]
by wakka-w | 2018-01-18 10:30 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

宝。

ブルはヨメに色々な事を遺してくれた。

その中でも「ご縁」は一番の宝で、そのご縁のお陰でブル亡き今も寂しさを紛らわせる事ができています。

ブルの月命日も昨年の11月で半年。某サイトのフレブル紹介のページをなんとな〜く覗いてそっ閉じ。次の日また覗いてそっ閉じ。。そんな事を繰り返して気になるもすうぐ2歳になるという「ブゥ夫」(ヨメ、勝手に命名)を見つけてだんだん閲覧時間が長くなっていったのでした。

もうすぐ2歳の子。この子、ちゃんと飼い主さんが見つかるのかしら。
そんな心配を地味にされているとも知らず、ブゥ夫のお誕生日は普通に過ぎて2歳。年末からカッパに相談し、年始、ブゥ夫を家族にすべく動き出したのが今回の一番最初。

同時にブルに貰った沢山の愛を次の子に渡したいなぁとも思うようになりました。ブルの不在を悲しんでばかりいるのは勿体ないと思うようになったと言うか、ただ悲しんでいるのが無駄に思えるようになったというか(日にち薬って大事ですね)。それだったら飼い主を探している子にこのエネルギーを使ってあげた方が良いんじゃないんでちかね。

しかし軽い紆余曲折があり、結局2歳のブゥ夫はうちの家族にはなりませんでした。でも幸せに暮らしているからいいの。そこを一番心配していたけれど、全く問題ない事が分かったから。
ブゥ夫がどうもうちの子にはならなそうだ、という事を何となく感じてからは少し残念には思いながらも急ぐ話でもなく、自分も迷いつつ進めていた部分もあったのでちょっと消極的になったのですが、ブリーダーさん達のご厚意で某所にフレブル達を見学に行く事になりました。それが日曜日のこと。
素晴らしいフレブル達を見せてもらい、ベイビー達がコロコロゴロゴロ転がってスヤスヤ眠る姿を見せてもらい、外見だけでなく内面も充実したフレブル達に感動してブリーダーさんにも色々お話を伺えたのは本当に良かった。貴重な体験をさせてもらえました。

そこで出会った1匹のブゥ夫(こっちのブゥ夫はもうすぐ1歳。パピーは卒業して若犬というらしい)がうちの家族になります。
ブリーダーさんにブルの写真を見せた時にアメリカンタイプの子ね、と言われたので「そうなんか!」と初めて知ったカッパとヨメ。今度の子はヨーロピアンタイプだそうです。微妙に違うらしいのですが、確かにブルの方が小さい時から顔がでかかった(笑)性格もちょっぴり違うっぽい。ヨーロピアンはもうちょっとヤンチャなのかな?

ペットショップで色々躾らしい事もちょこっとやっていたブルとは違って、今度の子は躾がされていない状態でもうすぐ1歳。暫くはブルの時より大変かもしれないなぁと思っているのですが、ブル同様、この子もまた真っ直ぐ育っていると確信したので大丈夫。のびのびした所から騒々しい東京で生活する事になるのでストレスも有ろうかと思いますが、二人三脚(躾は主にヨメの仕事)でカッパ家のルールを覚えてもらいます。
因みにこのブゥ夫、最初は一緒に見学に行った娘の暴れっぷりに興奮してか、一緒に興奮しまくっていたのですが、そのうち「なんでっちか、この生き物。。??」ととても不思議そうに娘の暴れっぷりを観察しだした(我に返ったっぽい)のが母的には面白かったです。いいコンビになりそう。

もうすぐ一緒の生活が始まります。その時は「ブゥ夫」ではなく新しい名前がちゃんと付きますよー。







[PR]
by wakka-w | 2018-01-15 09:26 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ぶぅちゃんのお誕生日

今日はブゥブのお誕生日です。本犬不在がどうしても受け入れられない。。何故この世に居ないのだろうか。毎日どっかで思っています。

ブルに手向ける好きな香りのお線香があるのですが、漠然と好きだった香りが何故好きなのか今朝気付きました。ブルがヒトッ風呂浴びた後、シャンプーとブルちオリジナルのかほり(何故に洗われても香ったしブル臭)が混じった時の、仄かに香る、妙に「生きてる」感を感じさせる香りに似ています。あぁ、だから何だかホッとするような感覚になる香りだったのか。
色々気づくものですね、、妙に感心。

今日はオヤツを買おうね。供えるよ、ブル。




[PR]
by wakka-w | 2017-12-21 11:22 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

半年

ちょうど実家に帰省している間にブルの月命日がありました。11月2日。これでブルと別れて半年が過ぎました。あぁ、今でももちろん毎日会いたいです。結局ブルは種族の違う物言わぬシト故に、一番「そばに居てくれる」感が強かった気がします。これが人間ならあまりに「そばに居てくれる」もんも鬱陶しいなぁくらいに思ったりするもんですが。

月命日の日は多分ブルの夢は見ないだろうなぁと思っていました。ヨメの頭にブルが乗っかっているというのを娘から聞いているので何だかもうそれで根幹は大丈夫な気がします。夢に見ないでも結構ずーっとブルの事をいつも考えているのもあって夢には早々出てこないかな。
と思ったら、実はつい最近愛犬が急死したお友達とそのワンちゃんが夢に出てきました。二人を俯瞰で見ていたような夢でしたが、夢から覚めたらもちろん悲しいような気持ちも浮かんだものの、夢の中では彼女の愛犬への愛情が物凄く伝わる静かな夢でした。ワンちゃんの方にはワタクシ会った事がないので本当に遠くからだったけれど。
ブルの事もあって、彼女の悲しみにかなりシンクロしてしまうのですが、怪しまれない程度にこんな夢見ちゃった、多分ワンちゃん、とっても幸せだったと思うよ、と伝えられればなと思っています。
散歩中のブルにたまたま会った時の彼女の様子を見たら、彼女とワンちゃんとの絆もどれほど素敵なものだったかは容易に想像できるわ。

ようやく半年、いまだ半年。病気が発覚してだとそろそろ1年か?悲しすぎて1年前くらいのブログはいまだ見れないので正確な時期は分からん。
ふとした時(主に深酒、、というのは笑い話にしてほしい)に言いようのない悲しみに襲われるのはまだまだ続くな。しかし泣いている間もブルはヨメの頭の上に鎮座しているのであろう。相思相愛、そしてとても優しい漢気溢れる犬だったのでヨメの悲しみに縛られている、というよりは自らそばに居てくれてる気がします。多分あっちとこっちを気ままに行ったり来たりしてる。

なんか変な話ですが、ブルが先に行っちゃった(順当)のであっちの世界がとても身近になりました。「まぁあっちにはブルが居るしな。」的な。だからって別に生き急ぎませんが。











[PR]
by wakka-w | 2017-11-05 23:53 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ブルに会いたいなぁ

毎日ブルに会いたいなぁと思っております。
しかし最近のブルの定位置を娘に聞くと、ヨメの頭の上らしい。え?頭に乗るくらい小さくなってんの?と聞くと、あのまんまのサイズでデデーンとヨメの頭に鎮座しとるらしい。

ブルサンガ ヨメノ シュゴレイニ ナッタ。 てれれれってって〜〜〜♪(レベルUP)

なんか頭の上でオヤツとかも食べとるらしいですが。謎の黒いヨダレも垂れてんのやろな。頭の上に。。

これほど「頼もしく頼り甲斐のない(?どっち)」守護霊なんておるやろうか。すごく嬉しい。







[PR]
by wakka-w | 2017-10-15 08:20 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

夏の怪

昨日はお盆の最終日でブルさんはあっちの世界へ戻る日?だった訳ですが、そもそもあっちに行っていた気配がなく(なんかずーっとママンのそばにいてくれている気がする)、家族の誰に聞いても

え?ブル?帰るってどこへ(ここが家だろ?)?ってかずっと居る気がするし。

みたいな感じでお盆?なにそれお茶出すの?みたいなノリのお盆だったカッパ家です。

そんな1日でしたが、ちょうど今週から娘の習い事のサマースクールが始まって朝から夕方までおりません。イェ〜イ!ヨメの夏休み!ついでに来週は幼稚園のサマースクールみたいなもんが数日あって昼過ぎまでいません。イェ〜イ!ヨメの週末気分!

で、昨日は娘を送った後に帰宅してブルさんにゼリーのオヤツをお供えしました。いつもお供えしている訳ではなく、たまに気が向いた時にお供えしているもの。アソートで入っている小さいゼリーでいつもはピンクやオレンジ色ばっかりなのですが、たまたま手にした(中を見ずに袋からガサッと取り出す)のがイエロー。バナナ味でした。あら珍しい。
それで夜。

娘をお迎えに行き帰宅時のこと。ブゥちゃん、あっちの世界に帰ってない?としつこく聞く母に娘は言いました。なんだか口癖みたくなっている。。

帰ってないよ。私の部屋(リビング)で遊んでるし、オヤツ食べてる。

あら、何食べてるの。

ゼリー。

ギョギョギョ!母は突然さかなクンになりました。ゼリー?お供えしたのは娘が家を出た後だから知らない筈。さては2、3日前のことを言っているな。

ゼリー?それちょっと前の話じゃない。ブゥちゃんどんなゼリー食べてるの(数日前にお供えした時はピンクのゼリーだった)。

ううん、絶対ゼリー食べてる。黄色いゼリー。

ギョギョギョギョギョ!!!母は出世魚のごとく?「ギョ」が増えました。見えて、、いる、、、だ、と、、、??

もしかしたら何やらテレパシーが届いたのかもしれませんね。
娘に見えているならママンやパパんには見えないけれど、ブルは寂しくないなと思いました。

ブビブビブビブビ、、、ゼリー、もっとお供えするでち。ミニヨメコ、ママンに伝えるでち、、ブビブビブビ、、

ほっこりの新盆でした。












[PR]
by wakka-w | 2017-08-17 11:01 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)
昨日はブルの月命日。ちょうどドッグフードも終了しました。変わらず毎日寂しいです。人がドン引きするくらいには寂しい。そしてとても悲しいです。

しかし結婚記念日でもありました。当時、真夏のクソ暑い時に駅から少々離れた場所に集まってくださった関係者の皆様には本当に感謝。引き出物がちと大きかったのも今思えば申し訳なかった。完全に浮かれトンチキだったようです。まぁでも今楽しくやってるからご容赦ください。
カッパとヨメを支えてくださる皆さんのおかげです。

と、ちょっと謙虚なところを見せたところで今日のご飯の話。夕飯作りくらいしかヨメが一人になった時間の話ないわ。

今日はそもそもおうどん予定でした。「娘がレベルアップして習い事の時間が1時間遅くなった」初日で、大体カッパも家で食べないと思っていたから。そしたら食べるとのこと。大変遅くなってもいいなら家で食べたい。
ヨメはいいました。今日は忙しいからうどんやで。それでも構わないというカッパ。

ええんかい、と思いつつせっかくなんで美味しいスパークリングも飲みたい、なんか洒落たうどんないかいな、と調べて君に決めた!はぁ〜もぉ〜〜の〜お〜う〜ど〜ん〜〜〜(情熱夢大陸チックに)
アラも買って(200円。なんかこの前より高いような)ダシを取り、骨は少しだけ骨せんべいに。
ハモは湯引きにします。

さておうどんのお出汁ですが、ハモのアラと昆布でダシを取るらしい。しかしヨメは勘違いしてまたもや鰹節を少々削ってしまったので鰹節も入れてやりました(残った削り節は娘が猫のように食べまくった)。入れすぎるとハモがカツオに負けるやで。
削り節の状態で保存できないのかしら、と思ったのですが、削った端から酸化する、との一言を読んで諦めました。出汁を取るなら削りたてが良い気がして。そんなに変わるのかな?ヨメにその違いが分かるんやろか。

ダシを取ったら舞茸も入れてきのこのダシも出します。そのお出汁で湯引きを作り、舞茸と一緒に出して冷蔵庫で冷やすとの事。お出汁も冷蔵庫で冷やします。
準備完了。
カトキっちゃんの冷凍うどんを温め冷水で冷やし締め。うどんに出汁を張り、ハモや舞茸を盛ってシソやネギやらの薬味にすりごまをかけたら出来上がり。ハモは梅肉を添えるとさっぱり美味しい。
大変上品で記念日にピッタリな贅沢な冷やしうどんになりました。

もう一品。ホタテのお刺身をカルパッチョにしました。塩、黒胡椒、オリーブオイル。上にハモの骨せんべいと、ご家庭に少々残っていたれんこんを揚げたレンコンチップを乗せたらあらオシャレ。パルミジャーノのそぎ切りを掛けたらとっても素敵な前菜じゃよ。

大変美味しい特別なお食事ができました。











[PR]
by wakka-w | 2017-08-02 21:28 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

祈りが願いに変わる時

ドッグフードが無くなるまではね、と今も毎日フードをお供えしています。朝、家族と話をしていてちょうど串カツの話になりました。ヨメは串カツ大好き。ちょうどフードをお供えしていたのもあって、思わず

ブゥちゃん、ママンが串カツ食べれますように、、なむなむ

とお願いしちまったぜ。そうか、こうして祈りの対象は神格化してゆくのだな、と思った瞬間でした。

さて、昨日はもう何度めか、半年ぶりの内視鏡でした。3日前から食事に気を使い(繊維質の多いものを食べない)、前日から準備食(素うどんとか)、当日下剤を飲んで、、というスタイルですが、下剤が変わっていました。今回は2種類の薬を混ぜて水と混ぜるパウチタイプのやつ。正直味はこの手のものが平気なヨメにも大変苦戦する味でした。何より味が濃い。前回までの薬より謎の塩っけがくる。
そして準備万端でいざ病院へ。

最近は多分調子良いだろうと思っていたので少し楽しみにしていたのですが、やっぱりとても状態が良くなっておりました。

多分、父が以前くれたお守り(大変立派なお守りででっかくて桐箱入りであった)の効果と、ブルができるだけ一緒に持っていってくれたんだと思います。日々に感謝して慎ましく生きてゆきます(みなぁにかんしゃぁ〜♪ by すぐに感謝するラッパー)本当にありがたい。

カッパが「腸内フローラが」「腸内フローラが」とうるさく(チョーナイフローラガー)に変身していたのも何かしら心に刺さっていたのでしょう。運動、発酵食品、大事やね。







[PR]
by wakka-w | 2017-07-23 09:24 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

7月

今日は月命日。

毎日思い出します。最期の時を。
一番悲しいその時はずっと忘れないのに、日々のちょっとした事はだんだん忘れていっているんだろうなぁと思います。その場にきたらハッと思い出したりして。
忘れるからこそ悲しみも薄れていくもんなんだと思いますが、普段のちょっとしたブルの仕草や癖を忘れてゆく事に恐怖を覚えます。



[PR]
by wakka-w | 2017-07-02 09:39 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ブルの四十九日

今日はブゥブの四十九日です。朝から「ママンの太っ腹!バナナ丸ごと1本」モーニングを筆頭に、気が向いたらやれリンゴだブルーベリーだ、ブロッコリーだビワだとお供えしております。まるでオオコウモリの食事(確か果物ですよね)ですね。

それからチ〜ンとやって、閻魔様にブルの輝く将来をお願い。ブルには必ずママンにご縁がある形で、と言い聞かせ、夜は「豪華!ママンの手作りなんでも煮」をお供えしました。

娘も習い事へ行く途中、車の中で神様にブルの事をお願いしておりました。「ブゥちゃんがまた元気になりますように」で不覚にも泣きそうになりましたが。あちらで元気にやっていると思います。

そんな娘、今日もブルはいつも通り家にいるそうです。カッパも帰宅後、「(今日を迎えても)ブルはいる気がするけどね。」、ヨメもなんとなく、ブルを感じます。今日は特に感じる。多分居てくれてるなぁ。部屋の雰囲気に質量がある感じする。何て言えばいいか分からないけれど。密度が濃い。

今日はまたタイムリーにママ友が声を掛けてくれてブルについてお悔やみを、、と言ってくれました。幼稚園ではもうブルの話もあまりしなくなったからね、やっぱりこれもブルが今日繋げてくれたかな。
夜はどうしても湿っぽい気持ちになりますね。と言う訳でお気に入りの1枚。

d0041074_22470814.jpg
↑バナナのおもちゃやで〜。
歴代ベストなビジュアルのトイやわ。
本人も恍惚やんけ

後ろに見える斜めってるのはソールズベリーの大聖堂。なんとマグナカルタが鎮座しております。さすがにブルさんは入れないので、ママンとパパンが交互にマグナカルタを見る間お留守番。その間に町のペットショップで見つけたバナナのトイで遊んでいます。
このバナナ、なんかこの旅で終了した気がする。。ブルさん渾身の力でサクッと終了したような気がします。あとバナナの身の部分がクッションなので、ブルさんの謎の黒い液体で大変残念な事になりサクッと強制終了させたような気も。。持って帰りたかったなぁ、日本に。

この旅では化石探しのできるライムリージスの海岸(2枚貝の化石とアンモナイトの化石を見つけた)に行った後にこの町で1泊し、帰りはストーンヘンジやら遺跡のある町を観光したような記憶です。ストーンヘンジは世界がっかり何とやらなので鉄網越しに見ますた。見れます。近づけないだけです。

ブゥちゃん色々旅したね。前世を活かして大活躍するのだよ。そして必ずママンとご縁のある場所に帰っておいで。インビジブルブゥちゃんの方はママンのそばにいつだっていておくれ。また夢にも出てきておくれ。
くっそぅくっそぅ










[PR]
by wakka-w | 2017-06-20 23:02 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30