人気ブログランキング |

カテゴリ:ブルぶもボンぼも 関係ない( 1335 )

ヘラ夫

ヘラクレスのヘラ夫は昨年11月くらいに羽化した記憶。。それから毎日毎日ずーっと餌のゼリーが定位置で、餌が無くなるとケースを徘徊する、、というカブトムシ生を過ごしております。
今日はなんだかカブトムシケースからガリガリという謎の音がする、、最近シロカブトが蛹になりつつあったので、とうとうゾウカブトも準備を始めたか?と思うも、つい最近マットを交換した時はまだまだな感じで、それよりも幼虫のでかさにビビったのでありました。桃ほど球形ではもちろんないけれど、円周はあれくらいありそうな大きさです。本当に大きい。

そんな事を思いながらケースを覗くとヘラ夫が止まり木を削っているではありませんか。おい何やってんだあんた!!
一瞬「ストレス?」と思ったものの、多分昆虫にストレスなどという文字は無さそうな気がする。だいたいヘラ夫は外の世界を知らないのだから、ケースにストレスは感じないような。
それで調べてみたら謎行動の理由が見つかりました。カブトムシは樹皮を削って樹液をゲットする事があるようです。普段は他の昆虫が傷つけた樹皮から樹液が出てそれに集まるカブトムシ。しかしお腹が空いていると樹皮を削って自分で樹液を出そうとするらしい。んま!んま!!それはヘラ夫ごめんなさいね。まだゼリーがちょっと残っていたからお母さん、大丈夫だと思っていたわ。。ヨヨヨョ
急いで新しいゼリーをセットして、オカンの手ががさごそやっているのも物ともせずに樹皮を削り続けるヘラ夫を引っぺがし(そんな事をする必要はないのですが、新しいご飯が用意されたのを教えたかった)ゼリーに乗っけてやりました。
即効でゼリー食べる様子が見えました。しつこいけれど、ゼリー残ってたのに。。なんて贅沢な子だ。

ところで一昨日娘が教えてくれたのですが、ゾウカブトムシは意外にハゲやすいそうです。ハゲ?どゆこと?聞くとゾウカブトムシは毛でフッサフサらしいのですが、その毛がよく禿げるらしい。そうなん。。切ない(幼虫は育てているが成虫をマジマジ見た事があまりないので、なんだか我が子が将来禿げるんかと思うと切ない)

ミニヨメコ、たまに本で読んだ豆知識を教えてくれるので面白い。この前も国語の文章問題でシマウマについて書かれたものがあったのですが、音読しながら「そうだよ〜」「そうそう、そうなんだよね。」とか言っちゃって、ヨメが知ってるの?って聞いたら「うん。本に書いてあるから。」と賢げな事を言うてました。そうか。もう母の知識もすぐに超えちゃうんだな。。(というのは母の知識量がヤバイ、という話)

それにしてもこの年になってこんなにカブトムシについて詳しくなるのも、なんというか。。あまりヨメの人生に全く影響しない知識が身についてしまった。そしてこーゆー知識は一生覚えてる。もっと生活に大事な事はすぐ忘れるのに。





by wakka-w | 2019-07-11 12:04 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

とうとうリフォーム 

うちほど物が溢れていなくともリフォームは面倒臭い問題。しかしとうとうリフォームをする事にした。ここ数週間、ずーっと業者さんと打ち合わせ。ショールームに行ってイメージを膨らませる。しかし膨らませたイメージも予算を考えると何でもかんでも希望という訳にはいかず、さらに簡単にリフォームができない箇所がある事に直面。
それにしても最近はユニットでもオシャレなものが増えているのですね。大変魅力的でしたが、サイズが合わないという事で残念。

色々制約もある中、それよりもひたすら「工事スペース確保のための物の移動について」よく考えてください、と言われる始末。物だけでなく、他のお宅より本が多いらしい。そうね、カッパは本を溜め込むし、ヨメもHow to系は捨てられない。娘に至ってはこれからもどんどん膨れ上がるだろうし、どうすんねん、これ。

バーチカル類も新調予定。どれくらい使われました?と聞かれてカッパが「14年」と答えたら「結構頑張りましたね。」と言われたらしい。そうなんか。そうらしいよ。まぁ大きくは壊れないものだけれど、、そして掃除も片付けもできない家族なので、色々目を背けておりました。でも掃除がちゃんとできる人なら、14年以上全然もつと思うわ。もっと綺麗にリフォームなんて考えなくてもよいくらいに使えてるよね。リフォームは気分の問題もあるけれど。ちゃんとした生活が身についていたら無駄な出費も抑えられてん。

色々反省しつつ、事が順調に進むよう頑張る所存です。



by wakka-w | 2019-07-10 10:27 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

さぼり癖。

今週は誘い誘われランチが続いたので笑い疲れて大変。ついでに家で打ち合わせもあって、一生掃除と片付けができない呪いにかかっているヨメには地獄の時間もありました。仕方ない。こんな現代のアーバンライフでさえかかる強力且つつまんない呪いは定めと思って受け入れる事にしたので仕方ない。あー、仕方ない。

一応朝ジョグだけは最低限の日数で頑張ってました。ぶっちゃけ続いてる方だと思う。来週で1ヶ月です。お祝いでフルボトル開いちゃうね(早朝朝飯前ジョギングの意味がない横暴)。

娘は今日が初プールだそうで。むっちゃ冷たくて自然と震えたと言って「震え」を再現してくれました。小刻みに震えとった。笑わしてもらいました。まぁいつもはスポーツクラブの温水プールだもんね。それですら上がったら寒いとか言ってるもんね。
小学校のプールは気温と水温を足して何度、で入るか中止かを決めているみたいです。娘の説明でちょい意味不だったのですが。
備忘録で書いとくと、娘は指定のスミングキャップが大きすぎて脱げそうです。調べたら同じものはワンサイズらしい。伸びる糸でちょっと摘んでやった(手縫)のですが、今日は何とかなったとのこと。因みにカッパは真逆に頭がでかいのです。基本帽子は似合わない。乗っかってる感満載。あんたホントはゴン太君か何かなん?

で、今週忙しかったヨメなのですが、昨日今週が忙しくなった大元がとりあえず終了しまして、昨日の午後から今日とゴロゴロしてしまいました。。やる気も起きず。娘の習い事もないし。完全に引きこもろうと思えば引き込める。
昨日は無茶苦茶な夕飯でしたが、今日もすんげー(とても、とかちゃんとした?言葉すら使えない)適当なご飯でした。が、娘が野菜好きなので適当でも地味にヘルシーな感じになるのは素敵です。カッパがご飯要らないってゆーので、今日もすっごく適当。晩御飯が適当でもいいから図書館に行きたいのが娘です。

近所の図書館はこじんまりしすぎて人が少なくのんびりできるのは良いのですが、フロアも狭く盛り上がりに欠ける。川を越えた武蔵小杉の図書館は人は多くて大人の席はいっつも満席(確か予約できるとかそんなん)ですが、広いので児童書もかなりの量が表に出ていて盛り上がる。買い出しの時に行けばパーキング代も賄えるし。八雲の図書館はこれまた広くて新しいけれど、うちからは行きにくい。あと娘には今ひとつな本の配置なようです。ヨメは好きなんだけれど。
プラネタリウムが併設している世田谷の本陣?図書館は未訪問。アクセスが悪い。

そんなんで今日は武蔵小杉の図書館に行ってきました。本を返却するタイミングで行く程度ならカフェも真新しく(入らないけれどワクワクはする&二子玉ではカフェなんて、近いし頻繁だしで早々行かない)スーパーはゴロゴロあるし、ユニクロ無印のテッパンも駅ビルに入ってなんだか真新しいけれど定番もあって特に財布の紐も緩まない。心配するのは買い物で無料になったパーキングの制限時間だけ。嬉しい事に娘は図書館なら何時間でもいる。

、、、と諸々だらだら続けようと思ったら夜更かしになりました。明日朝は絶対走らねばならぬヨメには大幅にタイムリミット超えました。唐突におやすみ




by wakka-w | 2019-06-21 22:51 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

国産カブ出てきた

枕泥棒のせいでちゃんと寝れているのか不安。しかもこの男、夜中にもそもそ自由自在に移動する。今のブームはヨメの枕とベッドの隙間。朝起きたらヨメの枕使って寝息たててる。。飼い主を信頼していたら足元で寝る、という話は何なのか。
そして娘が自分のベッドとヨメのベッドの段差を枕代わりに寝るのやめて欲しい。やめて欲しいが寝相の悪さなので本人は気づけないらしい。マジ何なん。あんたら何なん。

さて昨晩の事。今年も無事この時期に第一陣のカブ達がマットから出てきました。三匹のオスを捕獲。可愛い。幼虫の時はしっかり育っていたサイズでしたが、ちょっと小振りな気がする。。いや、毎日ヘラ夫を見ているからかな。サイズ感がヘラクレスのサイズで慣れちゃってるのかも。
捕まえたら皆んなヨメに向かってファイティングポーズを取るけれど、ブヨブヨヨチヨチの時から育てたんヨメやで。と言いたい。マットから出てきたシト達は朝になったらまたマットに潜るのですが、そうすると蛹で待機している子達の蛹室を破壊しかねないのでサッサと隔離します。
外国産のゾウカブトムシとシロカブトムシはまだまだヨチヨチ時期が続くようです。立派にブリブリしております。ヘラ夫はご飯がなくなるとちゃぶ台返しで暴れまくり、ご飯を探す旅に出てガサゴソ煩いくらい元気です。
今年は規模を縮小しているので、皆んなヨメが飼おうかと思ってます。



by wakka-w | 2019-06-05 08:36 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

東京蚤の市

d0041074_13580248.jpg

昨日は大井町の競馬場で今日までやっている蚤の市に行って来ました。毎年行きたいと思ってずーっと行けず、友達がライブイベントに参加していた時も行けず、今年ようやく行けました。大規模な蚤の市なのでHPもしっかりしていてお目当のアイテムやショップをチェックしていたのですが、娘のスケジュールの都合がつかず(小学校&習い事)夕方前からの参戦。当然のごとくお目当は全て売り切れておりました。絶対何が何でも欲しかったら朝一で並ぶ勢いで参加しますが、その元気はありませんでしたー

でも蚤の市ってそんな(緩い)ものでありたい。
ヨメは欲しければ無理をしてでも買おうとしてしまう(我慢できない)ので、目当もなく、終わりがけ数時間前くらいにブラブラするくらいが丁度良い、と言い聞かせての参戦。残り物には福がある、と娘に説明(そして自分に言い聞かせ)ながら出発したのですがちゃんと福がありました。

娘の蚤の市参加は2回目。前回は二子玉川ライズでやっていた小さな蚤の市でしたが、今回はかなりの規模。学校と習い事から息つく暇もなくの移動で疲れていたようですが、アクセサリー屋さんを覗いてキラキラ光るパーツ類を吟味し、金具屋さん(昔の建具の金具類とか謎のパーツとか色々扱ってる)で片っ端からこれは何だ?とカッパに説明受けたり、自分なりに楽しんでいました。猫ちゃんのブローチとチェコの子供リングが戦利品。

ヨメは蚤の市に行ったら毎回クマちゃんの目用にシューボタンを探すのですが、これがもう段々見つけられなくなっている、と言われて早数年。今回はとうとう見つけられませんでした。手芸関係のお店が少なかった、、かなぁ。

でも好みのものがあれば毎回何となく買っている白磁のママゴト道具のお皿とか、イギリスのミニチュア動物(今回は1930年代から1950年代のピューター製手塗りのお座り豚)をゲット。結構倹約しながら店を回ったのですが、、このままで終わらないのが蚤の市の怖さ。
とっても素朴な鳥カゴを見つけました。家の形をしていて自分の作ったクマちゃんのおうちにどうやろか、と思うヨメ。佇まいが素敵でいいなぁと思ったのですが、結構良いお値段。蚤の市の鉄則は気に入ったら即ゲット。
この値段なら運試しやな、という事で一旦お店を離れ、帰宅時にまだ残っていたらご縁。
今回はご縁がありました。

前日にチェックした地図は忘れ、娘のお財布も忘れ、自分のお財布にお金を足す事すら忘れ、娘の習い事のお迎えに先を家を出たカッパから「何しに行くん」(失笑)と言われましたが、お金はカッパが余分に用意してくれていて(因みにカッパは何も買ってない。家族と要る事、プライスレス)、チェックしていた地図を持って行ってようがお目当は売り切れ、娘のお小遣い程度なら貸す事ができる、という訳で大きなミスもなく?夏日の中久々の蚤の市。ビールが美味しい1日でした。





by wakka-w | 2019-05-12 13:58 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

お誕生日どした。

月曜に娘の入学式があり、無事に小学1年生になりました。
昨日から集団登校が始まり元気に通っています。楽しいとの事で良かった良かった。1人でしないといけない事が増えて、その責任に充実感を感じているようです。

ヨメは昨日誕生日を迎えました。
d0041074_09531770.jpg
↑カッパより花が届きました。
そして娘が作ってくれたプレゼント。

今年の誕生日は、娘が昨年以上に張り切ってくれて、事あるごとに「ママ!おめでとう!!」と1日中声を掛けてくれました。パパは早く帰ってくるかな、ケーキ(が食べたい)でみんなでお祝いできるかな、とずーっと言い続けた1日。
最近忙しくて愚痴も多くなっている母を労っての発言だったようです。

ご飯を作っている時間帯に、やれ手芸用のハサミを貸してくれだのちょっとこっち来てこれを結んでくれだの、なんか布はないか(察してフェルトを提案する母)だのなんかこれ付かない(手芸用のノリじゃないと付かないよ、と手渡す母)だの、ご飯作れんやないか〜〜い!と少々イライラしていたのですが、カッパ帰宅後に娘がパパ一緒に渡そう、とくれたのがお菓子の箱。ムーミンバレーパークで買ったタコせんべいの箱でした。イラストが可愛くて思わず買ってしまった箱にマジックで容赦無く描かれた顔のイラスト。入っていた筈のお煎餅はお菓子コーナーに無造作に積み上げられておりました。

わー、、潔い。けれど元のイラストのまま残しておくより素敵かも。。

と思いながら箱を開けると、メッセージカード、イラスト、「43」と堂々と描かれたメダル、そして上の画像のぬいぐるみが入っておりました。あぁ、これを作っていたのか。それにしても上手にできてる(手伝ったけど)。
メッセージには「としはとったけど、いまでもきれいなママだよ」と後半の素晴らしいメッセージが老眼で霞んで見えない、な前半の文言付き。
全般的に「年齢なんか気にしちゃダメ」みたいな意味が見え隠れするプレゼントで笑いました。

書ける漢字が使ってあるメッセージ、ポンポンをなんとか形に仕上げた巧緻性、ママへの思いやり。娘の成長がよく分かるとても嬉しいプレゼントでした。




by wakka-w | 2019-04-10 10:09 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

無印週間にて。

d0041074_23261485.jpg
↑ 少々高い所に乗せられてビビり顔のボンちゃん。
なんでっちかこのシチュエーション。
何故こんなことを、、とか思ってる。

週末は花見行けそうね、と思っていたら金曜から異様に寒い東京。嫌がらせか、と思ったら夜は雨まで降って土曜は今ひとつ。日曜も地味な天気でした。今年の桜は場所によってむっちゃ咲いてたり、まだ全然だったり。

水曜にお友達と「こどもの国」に遊びに行き、金曜は別のお友達と上野の「哺乳類展2」に行ったミニヨメコとヨメ。楽しかったー。子供にも優しい居酒屋さんでの食事もむっちゃ楽しかったです。いよいよ来週は入学式ー。めんどくさー

そんな先週を送り、週末の土曜。曇り空の中ボンちゃんと近所の桜で記念写真を撮ってきました。モデルがブルからボンちゃんに代わり二回目の春。ブゥブに会いたいなぁ とよく思うのですが、出先でフレブルに会う事が妙に多く、その度にブゥブが挨拶しに来てくれたかな、と思うヨメです。ま、ブルはヨメの頭の上に乗っかってんだけどな。

で、日曜の今日は無印週間も明日で終わるのでちょっくら炊飯器買って来ました。1.5合サイズのミニ炊飯器。可愛い
これ一応ミニヨメコへのプレゼント。コメ炊き頼もうと思って(お手伝い)。

うちは炊飯器を買った事がなく常に土鍋で1合炊いております(これで家族と娘のお弁当分を賄っていた)。2合炊く時はカッパ橋で買った羽釜。慣れてしまえば別に面倒くさい事もありませんが、はじめチョロチョロ〜からやりますので娘にやらすには気を使う。炊飯器なら早起きの娘にご飯を炊いてもらう事も近い将来可能になるであろう(他力本願な母)。今まで朝はパンだったが、ご飯のあるちゃんとした朝ご飯も素敵。食べたい。自分で朝米を炊きたいとは思わないが、娘が炊いてくれたらむっちゃ嬉しい。
炊飯器購入を打診すると娘は超乗り気。お手伝いが楽しいお年頃です。購入後、帰宅途中から「帰ったらすぐご飯を作ろう!」という娘。コメ炊きが楽しいなんてホンマ羨ましい歳やわ。

そんなんでヨメも久々の家電にワクワクしながらお米を炊いてみました。最近は美味しい炊飯器多いのでしょ?でもそういうのはお高いんでしょ?
このオモチャみたいな値段でこんなちっつぁいサイズの炊飯器、正直普通に炊けたらそれだけでええんやけど、どんなもんじゃい。
高い炊飯器を知らんので比べようがありませんが、普通に炊けました。美味しくなって欲しいのでお櫃に移しましたが。やはりお櫃に写すと水分が落ち着いて良い塩梅になります。炊飯器からできたてを直に味見したら「普通」。お櫃に写すと「美味しく」炊けた、って感じ。いいじゃんいいじゃん

普段あまり綺麗に食べない娘(がさつさ故)。今日は言わなくとも米粒一つ残さず食べました。そして残ったお米も明日食べるのだ、と宣言。カッパが出張のお土産に買って来てくれた、なんだかすんごい手間暇掛かっている大変美味しいお塩が少し残っていたので小さなおにぎりにしときました。

最近は邪魔になるもの、捨てる時に面倒くさいものはなるべく購入しないようになったのですが、今回は娘のやる気や自立を促すのにも良さそうなものが購入できた気がします。忙しい時に予約炊飯ができるのはヨメにも有難いな。

ところでお櫃、とうとう黒ずみ始めました。カビじゃないのよ。米のでんぷん質が何か反応してらしい。手入れは毎回ちゃんとしていたので仕方ないねー。
















by wakka-w | 2019-04-01 00:07 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)
d0041074_22251572.jpg
↑ 広場の中枢施設「KOKEMUS」2階のカフェより

ミニヨメコが卒園してからの初週末。
地味に楽しみにしていた埼玉県飯能のムーミンバレーパークが、先週だかにオープン。早速行ってきたカッパ家です。ボンちゃんは散々悩んで今回はお留守番(今日行ってみたらワンコわんさかいましたよ♪)。
そんな訳でオープンほやほや2週間目のリアルをお伝え致します。

さて早速の到着。オープン30分前くらいにパーキングに停めれました。カッパ家にしては珍しくお早い到着だったのですが、すでにオープン待ちの長蛇の列。道中は想像していたよりかなりスムーズだったのでドキドキしていたヨメとカッパ。早く来すぎて寧ろ恥ずかしいのでは、と思っていましたが、この列の長さ、アトラクションの中で一番人気と聞いているムーミン屋敷の見学はできるのか。
入園とパーキングは早々に予約していたのですが、早々過ぎたのか、アトラクションのチケットは当時「現地で取って」となっておりまして予約できなかったのよね。。入園したらまずは屋敷に向かわねば(当日券はアトラクション施設の前で購入発券できる)、と気合いを入れていたのですが、なんと言うことでしょう。オープン15分後に屋敷に着いた時にはすでに当日分が売り切れておりました。なん、、だ、、、、と。。?
ショックを受けつつ他のアトラクションをネットで購入↓
ムーミンバレーパークって、まず入園券が必要で、入園券を持った者だけが中にあるアトラクションのチケットを予約、若しくは現地購入できます。当日券はアトラクション施設の券売機を利用する他に、ネットIDで購入することが可能。今日は券売機も並んだ状態だったので現地でネット購入しました。

購入後は時間までしばし散策。昨日再入荷されたらしいアラビアの限定マグカップ、園内のショップを覗いても見つからずでスタッフさんに尋ねたら、そのマグカップだけ別の場所で販売されておりました。小さな路面(屋台)のブース。混雑緩和かな。こちらもまた朝は長蛇の列、、だったのですが、夕方には並ばずとも購入できるようになっておりました。今日は多分完売してないんじゃないかしら。それにしても凄い人気のようで、できれば来たら必ず買えるいつでもそこで販売している現地限定品であって欲しいものです。モノとの出会いもまた一期一会。行ったら欲しいなぁと思ったモノが売り切れて無い、というのは悲しい。多分特に若いうちは(最近買えなかったら「あら残念」で事足りるようになった。あんなに物欲の魂だったのに)。

11時には野外劇場でムーミン達が登場。カッパとミニヨメコが観劇中にヨメはショップ散策。今回ヨメが楽しみにしていたのは
1. ハガキを投函する事
2. オイルサーディンを購入する事
3. ワークショップに参加する事
の3つ。で、早速の2番っすよ。オイルサーディン。これ、事前にネットで見ていたのですが、何故かオイルサーディンが売られていまして、それが入っている缶のイラストががヨメの好きな原画。

d0041074_22252766.jpg
↑ オイルサーディン、シャレオツ。


帰宅後早速今日はこのオイルサーディンを使ったパスタにしたのですが、中を開けるとパスタとピッツァのレシピが同封されておりました。あら素敵。
d0041074_22254561.jpg
↑ 中は真空パックなので消費期限が缶詰め程長くありません。缶は横開き。
レシピの裏イラストは缶の表イラストと同じ。
缶の裏にはムーミンバレーパークのロゴマーク入り
お土産品としてちゃんと作ってある好印象

因みにヨメのパスタは、このレシピではなく、適当にオイルサーディンを食べやすい大きさに切って、オイルサーディンの油とバターでニンニクを炒め、そこにオイルサーディン、きのこ、たけのこを投入。茹で上がったパスタを入れた後に醤油を回しかけ、味を整えて千切りのシソを乗せたら完成。食べる時にレモンを絞る、とゆー適当パスタでございます。大変おいしゅうございます。

中央施設の大きなショップは昼頃から結構混みだしていました。やはり劇をやっている間は比較的空いてるー。ショップを覗いているだけで時間が経ちまくるヨメ。

ショップに関しては各エリア毎に小さな小屋形式のショップがあるようで、中にはポストカード専門のショップも。ショップの前にポストもあり、投函したらムーミンバレーパークの消印を押して届けてくれるみたいです。今日は12時頃が最後の集荷だったようなので、当日消印が欲しい方は早めに確認した方が良さそう。ムーミンの切手も販売してました!これは嬉しい。ただしシート毎の販売です。1枚だけ、みたいな買い方はできないみたい。
皆んなで一言ずつ書いてスナフキンの切手を貼って投函。我が家に届くのが楽しみです。

劇終了後。ミニヨメコ達と合流して、500円でできるミニゲームコーナーでも2種類のゲームを遊んできました。小さな子供も楽しめるミニゲーム。条件をクリアしたらヌイグルミを貰えるようですが、失敗してもピンバッジが貰えます。ヨメ的にはヌイグルミよりピンバッジがオシャレで嬉しかったです。ミニヨメコはクリアできなかった悔し涙を見せておりました。。いやこれゲーム、、しかもミニ、、別にそんな本気で、、やらんでも。。何故そこまで、、、戸惑う母と父。ピンバッジを貰う時には歯を食いしばって「ありがとうございますグヌヌ」みたいになってました。。いや何故そこまで、、(戸惑いとおかしさで笑う保護者)

この辺りでお昼時。メイン広場にはメインショップ、レストラン、ワークショップ、資料館、カフェが併設された施設があるのですが、今日はまだ2階のカフェを知らない人も多いのか、カフェは穴場になっておりました。但しスイーツがメインでご飯ものとかは有りません。
カフェの横にはミニショップ有り。同じフロアでワークショップ有り。
ワークショップでは「はなうま」(ムーミンのキャラクター)の絵付け(時間指定有り)をしてきたミニヨメコとヨメ。こちらは事前予約可。
はなうまの形に切られた木にペンタイプのリキテックスで色を付けるので、比較的小さなお子さんもサポートがあれば全然できそうです。表をミニヨメコ、裏をヨメが絵付け。

ママ、大丈夫?一色(黒)だけとか良くないよ?色んな色を使う方が可愛いからね。描くんじゃなくて、ちゃんと塗って?その方が寂しくないから。大丈夫かな。。

d0041074_00562593.jpg
↑ 赤い紐は最後に首につけるリボン


と言うミニヨメコを鼻で笑うヨメ。フフン 「はなうま」なので勿論可愛く仕上げてやったぜ(満足感)
ミニヨメコの絵付けもミニヨメコらしくて凄くいい作品ができたと思います。これ、またやりたいなぁ。ミニヨメコもまたやりたい!と強く言っていました。

ワークショップでは缶バッジも作れるようで、今日のところはいつでもできるようでした。少し大きめの缶バッジ。20種類のイラストから作れるようです。ヨメが色塗り中にミニヨメコが1つ作っていましたが、大きめなのが可愛い。ムーミン達は可愛いなぁ

ヨメが楽しみにしていた3つは上記の様子でコンプリートできましたが、アトラクションは年齢制限でミニヨメコができないものと、チケットが完売したムーミン屋敷を覗いて2つだけ参加できました。パパの冒険話とミーのお話。
正直、あまり期待しておらず、期待していない割に入園料とは別にお金が掛かるのでどうなんこれ、、と思っていましたが、意外に良かったです。ってか、結構楽しかったの。どちらも10分くらい。

有料アトラクション以外に「ヘムレンさんのゆうえんち」という小さな遊具エリアもあります。子供はとっても楽しいみたい。フォトジェニック。ヨメは見てても楽しかったわ。

オイルサーディン缶もそう、アトラクションもそう。こちらの公園、そもそもエリアが小さいし場所も場所なだけにどうかなぁと思う人も少なくないかと思いますが、結構丁寧に作ってあってヨメは好印象。末長く続いて欲しいという応援の気持ちが湧きました。刺激を求める場所ではない。のんびり
ショップは大小チラホラあるので、ムーミンそこそこ好きでお買い物も好きな人は嬉しい。そうじゃない人は「ショップ多くね?それよりもっとアトラクション増やせばいいのに」と思うかも

ムーミンバレーパークは犬の入園もオッケー。広い場所でもなければ面白いものが沢山有る訳でもない、もちろんアトラクションやレストランの屋内には犬は入れませんが、気楽に散策するには楽しいと思います。ヨメも次はボンちゃんと来てみたいな。

カッパ家には合ってたみたいです。早く行って早く帰ろう、と言っていたのに公園を去ったのが5時過ぎ。周りの車もまばらになって(笑)、高速までの道も普通に空いておりました。
でも充実した1日が過ごせました。「意外に良かった」と言うのが正直な感想で、ヨメは嫌いじゃない。ガチ自然派!とかガチテーマパーク!とはちょっと違う場所です。緩く長く育っていって欲しいなぁ。

あ!結局画像がオイルサーディンだったりしますが、お土産も可愛いものが沢山あったよ。ミニヨメコはここ限定のフラワークラウンリトルミーのぬいぐるみをカッパに買ってもらっておりました。頭に花輪が付いてるだけ、と言われればそれまでだが思い出はプライスレス













by wakka-w | 2019-03-24 23:24 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

花粉の春。その他諸々

例えば長めのオヤツをあげた時、ブルは伏せの状態で前脚を器用に使ってオヤツを立ててポリポリ齧っておりました。これ、ボンちゃんはできません。しかしボンちゃんは良く噛みます。ちゃんと噛みます。ブルはちゃんと噛まずに飲み込もうとするような男でした。可愛いなぁ、どっちの愛コブタと愛イノシシも。

卒園式の2日後、ミニヨメコのピアノ発表会がありました。
今までリトミックの発表会に毎年参加しておりまして、その時にはお友達共々「本番に強い」華やかなメンバーの一人としてしっかりパフォーマンスができておりました。そのリトミックを卒業し、1年習ったピアノの初発表会。最初は「皆んなの前で恥をかいたらどうするんだ!」と乗り気ではなかったのですが、ヨメなんてピアノの発表会の度に大失敗やらかして、恥どころが黒歴史だぜ!(しかもそんなに頑張ったのにピアノで何やっていたか全く覚えてない)他人が失敗したからと言って誰も気にしない。笑わない。気にすんな!と説き伏せ練習する事4ヶ月(短いの2曲)。最後はちょっと飽きてんな〜と思わせるくらい普通に弾けるようになり、普通に弾けるようになったら次はどこまで精進するかじゃ!終わりなどない。エモーション!とハッパを掛け当日。
驚くほど上手に弾けて母と父は感動したのでした。エモい まず本番に強い、ってのがいい。それだけで母は嬉しい。母は本番に弱い人なんで。
これで幼児の行事は全て終了。あとは入学式を迎えるだけです。よく頑張ったよ。

で、発表会の翌日昨日。卒園したけれど預かり保育に行ってもらいまして、ヨメは免許証の更新に行ってきました。いっつもギリギリになって慌てるんだよねー。今年は早めに更新。ついでに伊勢丹に行ってきましたが、目ぼしいものは特になく、少々しょんぼり気分で帰宅。娘がヨメのレゴコレクションのパイレーツの幽霊船を作らせて欲しい、と言うので製作開始。かなり大きいのでしばらく掛かりそう。飾る場所が無いので箱で保管していたんだけど、できあがったらどうしよ。

皮膚科には今朝ようやく行けたー。でも結局花粉由来と思われる、との事で結局のところは花粉と闘わねばならず、うへぇぇぇぇぇってな絶望感で帰宅。花粉を防ぐとか無理ゲーな気がするのですが。
今年は鼻と目にはほとんどこず、喉と皮膚がやられた花粉症でした。

帰りにDアンドデパートメントに寄って、明日が締め切りの奄美の泥染めをお願いしてきました。服を持ち込んで染めてもらうやつー
ロンドン滞在時にリバティのセールで買って早何年、、ギャルソンのサルエル風と、綿の単衣着物。今回は藍泥染めという黒っぽく染まる方法を選択。夏頃完成の予定。どうなっても楽しみ。
春からは人口染料の受付が始まるそうです。藍と黒だったかな。いつもの定番色プラス、今回はチェリーピンクだとか。これまたお願いしてみたいなぁ。自分で作った服とか持ち込んでも面白そうです。ミニヨメコのとか。
あ、毎回1冊丸ごと特定の都道府県を特集している本。今回は高知でバタコさんとチーズが表紙を飾っていますが、次は香川っぽい!楽しみです。












by wakka-w | 2019-03-23 15:08 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

卒園

月曜、娘も無事に卒園致しました。アテクシの肌はボロボロ。ガタガタ、痒みも赤みもひどく、そのまま卒園式に参加するに至りましたが、まぁなんとかなりました。母の服装はmame の昨年秋冬もののワンピ。母(ブルバァ)から授かった花珠の真珠のネックレス、母よ、これ珠が小さい(このサイズ感がおしゃれな気もするけれど。。)。年取ると大きな宝石を付けたくなる意味が分かってきたわ。自分が肥大している(丸みを帯びてくると言っても良い)ので身につけるものも大きさが必要になってくるんやな笑 あと遠目には花珠かどうかなんか判らんし。ただし、身につける者としてはやはり花珠は美しい。背筋も伸びる。

明日はピアノの発表会。今日水曜はここいらの皮膚科は休診が多いみたい。金曜は免許の更新に行って帰りに伊勢丹寄って入学式の服で良さそうなのがないか見に行く予定だったけれど、皮膚科に行った方が良さそう。。アァ悲しい










by wakka-w | 2019-03-20 10:54 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31