人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日々

娘は今日大根堀りに行くらしい。バスに乗る、と聞いていたのでお弁当は畑で食べるのかしらんと思っていたら、幼稚園に戻ってから食べるとのこと。どこまで行くのかしらんと思っていたら「〇〇君のおうちの近く」だって。え、全然遠くない笑、母衝撃。バスって言うから大袈裟に考えてた

来年のスケージュール帳。相変わらず虎の子の赤いワニは寝かせ中。中のアジェンダが使いづらい。ミニヨメコのスケジュール管理があるのでビジュアル的にパッと分かるものが良い。
という訳で、無印でぺっらいマンスリー(&方眼罫ページのみ)A6サイズを購入。同じサイズの方眼ノートも買い足して数年前のほぼ日のArts&Scienceの手帳カバーに差し込む。A6サイズだと方眼はほぼ15センチ分。ヨメの作るクマちゃんの型紙作りにピッタリ。来年はこれで管理する。

今日はピアノがお休みの日。幼稚園から帰宅したらフリーなので何をしようか。と思っていたらアクアビーズを引っ張り出してきた娘。今日はこれでクリスマスツリーのお飾りを作ってもいいかもな。娘はお姫様を作るらしい。

娘の来年お初の目標はピアノの発表会。どうもリズム感がないらしく、リトミックで習った事もほぼほぼ覚えていない、、?と不穏な空気の先生とヨメ。最初は発表会の曲も「間に合うかな、、」と呟いた先生が、レッスンの終わりには「ミニヨメコちゃんは根性ありますね!」と笑顔になった。確かにあの日のレッスンは根性あったわ。結局0のところから左手パートを全部弾けるところまでもっていった。
今まで面倒臭がっていた練習も、今回の曲はがっつり両手で引くのでヨメが連弾よろしくお手伝いするとそれが嬉しいらしい。今の所毎日練習。

昨日は早めに帰宅したカッパ。家族で七並べ。

無印週間、ショップは最終日の昨日。駆け込みで残り物を漁りに行ったら会計時に期間限定の金券まで貰っちゃった。超ラッキ〜

ユニクロのコラボ商品でビッグバードのぬいぐるみが欲しい。しかしこれ以上ぬいぐるみが増えては、、と思ってアーニーを掴むと体部分の量感が「あの」アーニーで可愛すぎる。TVのそのまんま!でもアーニー買うならバートも一緒じゃないとダメだし、一番欲しいのはビッグバードだし、、3人一緒とか、、クリスマスプレゼントやんけ。と悩んで我慢して帰ってきました。あー、でも欲しい。

年賀状のデザインを考えるために人様のアイディアを見に文房具屋さんへ。イノシシ、猪って、、どうやってぬいぐるみにしようかな。悩んで終わりそうな今年。年賀状は間に合うか。

まぁ平和。ちょい刈り上げのヘアスタイルはママと先生に好評。



by wakka-w | 2018-11-27 10:20 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)
d0041074_21425281.jpg
↑1歳10ヶ月の坊や。充実した1日で爆睡。天狗さまもほれこの通り登頂成功。

我が家的朝の早よ(遅い)から高尾山に行ってきました。1年ぶりくらいでしょうか。11月末まで「もみじ祭り」の時期なのですが、とにかく人が多くて疲れました。リフトに乗るのに約1時間。帰りのリフトも40分くらい待ちました。人の多さに疲れた&ケーブルカー沿線の紅葉がまだのようだったので山頂まで頑張れず薬王院でUターン。頑張ったら山頂は見頃だったのでしょうね、きっと。

ボンちゃんも初参加でした。リフトはケージなしで犬おっけー。抱っこしたら上がれます。
ケーブルカーに乗る際はケージが必要みたいです。
うちは今回周辺でパーキングが見つからず隣駅の高尾山近くで駐車し、一駅電車に乗ったのでケージも持って行っておりました。(カッパの)荷物もその分大きくなったのですが、何よりとにかく人が多い。歩くのも結構混み混みでボンちゃんはグイグイ引っ張るしで大変でした。無事に下山できて良かった。。リフト乗っただけだけど。

結局混みすぎて昼食を食べる気にならず、お団子で小腹を満たし、帰宅時に隣駅から近いショッピングモールで休憩をとりました。シーズンは周辺の駐車場も停めるのが難しいので隣駅を利用するのも便利ですね。

帰りに昨年買わずに後悔した高尾山のピンバッジをゲット。更に昨年あまりに出来が良くて思わず買いたかったが「とは言え天狗やで。」と思って買わずに帰った天狗のヌイグルミをお土産にしました。「まぁ今回は2回目だし。」という記念に。
この天狗、本当によくできている。思わず大きい方を買いたかったのですが、「とは言えやっぱり天狗やもん。」という理由で諦めました。来年行ったら思わず買ってしまいそうで恐ろしい。

ボンちゃんはどうも車酔いするみたい。行きに何回かヴォミットしました。。先週の箱根旅の時もそうだった。帰宅時は疲れ果てて横になるので無事に帰れるのですが、行きは慣れが必要みたい。
でも今日は他のワンコに吠えられても吠え返さずフレブルらしい振る舞いでした。














by wakka-w | 2018-11-23 21:42 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

おでんでんでん

d0041074_20163393.jpg
↑ 我が家のおでんを守るブタ。おでん奉行

良い牛スジが見当たらないので豚バラを入れたら美味しかったっす。








by wakka-w | 2018-11-21 20:16 | Comments(0)

仙石原

d0041074_21391318.jpg
↑ ブゥ兄ちゃんのように「動くネタ」ではないんでっちよ。
至って普通の犬でっち。泥棒顔ってだけ。

金曜、横浜に親友の公演を家族で(ヨメとカッパ、共通の友)観に行く。娘が五感フル活用で刺激を受けまくっているのがよく分かりました。久しぶりの友達にも会えて、元気もらった。ちょっと書き表せないくらい、素敵で、色々貰って&感じた時間でした。
これは友達だからこその贅沢な気持ちだと思う。知らない人の公演じゃダメなんだ。どんなに素晴らしくてもちょっと違う贅沢さが存在しておりました。

そして翌土曜。
旅先で見た様々なフレブル達。今回はクリームとフォーンばっかりだった。きっとブゥブがママンに挨拶しに来てくれているのね、、しんみり、、、まぁまぁあの子なんてお顔が真っ黒で「一人(1匹)松崎しげる」じゃないプププ、、と思ったらカッパが引っ張ってた我が愛猪(まないのしし)でした。1匹だけ「常時逆光型」じゃねーか。

ボンちゃんと泊まれるお宿、レジーナグループのオープンほやほや「レジーナ仙石原」に行って来ました。今年の春先、初めてボンちゃんを連れて久々に行ったレジーナ富士。ボンちゃんは食事処で他のワンコに吠えまくり。結局食事の時は一人でケージでお留守番になったのですがー。
今回新しくできた仙石原は雲外荘と同じく部屋食スタイルです。全室露天風呂付き。ボンちゃんの成長もちょっと垣間見た旅になりました。ほとんど吠えなかったわ。

さて初日はアウトレットに寄ってきましたが、特に目当てのものもなく、珍しく無駄使いせずに出発。車で約20分程の仙石原へ。
前回仙石原に来た時はブゥブと一緒。ブゥブのものを忘れてはならぬと必死になった挙句、夫婦の荷物を一切合切忘れて旅立ってしまったとゆー。その時にせめてもの化粧水と眉毛とパンツくらいは買ったコンビニ、、は多分潰れてた。思い出がガラス窓に残っておりましたが、その先のファミマの横道を上がったところにありました。星のやグループとか金の竹をちょっと上った先。
部屋に露天風呂がありますが大浴場の温泉もあり、食事も美味しく犬連れにありがたいホテル。清潔感があり綺麗。お風呂もお部屋にあって、レジーナは安心できる。娘も大変気に入ったようです。

そして今日。のんびり部屋で過ごし、ちょうど混む頃に出発。最初はすぐそこのススキ野原へ。娘、一面のススキに大歓声。想像以上に興奮しておりました。前回ブルと来た時は人っ子一人おらなんだ記憶。今回はちょうど時期もあり、大勢の環境客で溢れておりました。外国の方も多いー。

お昼を食べた後は芦ノ湖へ移動し、大涌谷へのケーブルカーに乗りました。ボンちゃんはボンちゃんケージでケーブルカーに乗れます。数年前に火山活動が活発になって規制されなかったっけ。。と思いつつ、到着。案の定、散策路は閉鎖されたままでしたが、もくもくと噴煙が上がる様子や硫黄の匂い、そして硫黄が周囲を黄色く染めた景色は間近に観る事ができました。娘は火山を観るのを楽しみにしていたのですが、なんとなくふと気が付いて途中で確認してみると、まさに本で見る「The 火山」を想像していたようで、そんな火山なんて観に行ったらあかんがな、ってか観れるかいな、という事で説明。大涌谷に着いて「あ。こういうことね。」って感じでした。

でも大涌谷の黒玉子を買ったり、箱根の寄木細工のひみつ箱を買ったり(4つの細工にしときました)と、色々覚えてくれたんじゃないかな。寄木細工のひみつ箱に入れる宝をずーっと考えていましたし、普段ゆで卵は好きな方ではありませんが、帰宅後、家族分の殻を剥いてくれて自分も「美味しい」と食べておりました。

ボンちゃんは今回、あまり吠えませんで。部屋食だった事もありますが、ちょっとは成長したみたいです。車に乗るのもまだまだ練習みたいなもんだからね。ちょっと頑固で小心者なん。
今は爆睡中。非日常を家族とずーっと一緒に行動して刺激的だったようです。次は高尾山行くで。
そんなボンちゃん、フォーンなので「子豚」というよりは「猪」です。常に床と同化している。











by wakka-w | 2018-11-18 21:39 | Comments(0)

髪を切る。

自分も勿論ながら、娘がとても気に入っていたアテクシの髪型を変更。「90年代ギャルソン風でソリッドに生きたい」と謎のニュアンス(刈り上げにしたかった)にいつも答えてくれる担当S氏に感謝。前回は「美しいお母様像」だった記憶。見事に毎回希望通りに仕上げてくれる。
お客というものは、多分お客さんの言葉通りにやっちゃうと本人が「あれ、なんかニュアンス違った」と後で気づいたりするもんだと思うけれど、ちゃんと確認して「じゃ、まぁそんな感じでお任せ」と最終的に言わせて貰えるのがありがたいわ。

お迎えに行くと「前の髪型の方が好きだった」と娘が素直に言う。まぁそうやろな。コンセプトが「美しいお母様」やったから。帰宅したカッパが「これはカッコいいママなんだよ。」とニュアンスを説明していたがお子ちゃまには分からんで別によろし。

ご機嫌で帰宅途中、去年買う、と決めていたクリスマスツリーを売っているお店に寄り道。なんということでしょう。記憶していた以上に大きくて、結局即決できず。うちは「思ったより大きかった。でも気に入ったから買う」と手に入れたものがかなりあって、それってやっぱり家のサイズに合わないんだろうな、と最近頻繁に反省する事が多いので今回どうしようかしら。置く場所さえ確保できれば1年中飾っておけるツリーなんだけれどなー。

悩みつつ、消化不良だったので学芸大のロミユニさんに寄ってお菓子を買って帰りました。美味しいわ。娘も満足。彼女、最近むっちゃ食べるの。今日も「私大きい方食べていい?」と慎重に焼き菓子の厚みを確認しておりました。





by wakka-w | 2018-11-15 21:53 | ブルぶもボンぼも 関係ない | Comments(0)

今日のこと。

今日はちょっと余裕があり、更に娘の幼稚園が半ドンなので一緒にクリスマスツリーのお飾りを作ろうかなぁとかアドベンドを作るかなぁとか思っておりました。因みに今、ヨメはやらないといけない事から現実逃避中です。今月中にできる予感がしない。しかし人様にご迷惑をお掛けしてしまふ。。
年賀状?そこまで手が回らん。

そんな気持ちで降園のお迎えに行ってお友達と途中まで帰っていたのですが、最近園内で手芸をしているらしい。自由保育なので好きな事を好きなだけやっている幼稚園ですが、「おの君」というソックモンキーを先生が希望者に教えてくれているそう。そうなの?でもミニヨメコの口から聞いた事ないー、と本人に聞いてみたら「危ない、ってママが言うかな、と思って。」と手芸グループに加わっていないとか。えぇぇぇーーー、やんなよー。母、クマちゃん作ってるでしょうがー。
先生が見てくれている中でちょっと針が刺さったくらいで「ダメ」とか、お前は眠り姫か。

そんなもんで、お人形作ってみたい?と聞くと「うん!」と言う娘。ずーっといつから針を持たせようかなぁと考えていたのでちょうど良いわ、と今日、初めてのお人形作りです。

材料はフェルトと綿、以上。あと針と糸、ハサミ。とデザインする紙。型紙にもなる。軽く説明すると「えー、それでママのみたいにふっくら(立体)するのかなぁ」と懐疑的な娘。生意気!!ととりあえず娘にイラストを描かせるとウサギちゃんが良いらしい。ピンクのウサギにするのだ、というので適当に型紙を作り、フェルトに写して「だいたい切り」(縫い代が欲しいので型紙の線より外側を切る、適当に。)させます。で、早速縫い方を教えてサクサク縫ってもらいました。「えー、この布、なんかママのと違う。」(いきなりモヘアやアルパカなんて使わせられるか)とか言いつつノリノリの娘。
顔はどうする?マジックで書く?フェルトを貼る?ママが刺繍する?と聞くと「え、でもママのクマちゃんはお目目に丸いのついてるでしょ?」にゃめんな!グラスアイなんか使わせられるか、と説明する母。無駄に本物志向の娘。

フェルトを面にひっくり返すのに鉗子を使ったり、綿入れに綿入れハンマー(何て言うか知らん)を使ったりと見慣れぬ道具に興味津々の娘。手足の先からひっくり返すといいよ、綿も手足の先から入れていくとちゃんと詰まるんだよ、と実践しながら最後は娘が綿を入れ、口を閉じてやったら完成。
大変シンプルながらとても可愛いウサギちゃんが出来上がりました。綿入れが絶妙(自画自賛)。ちゃんと立体になって娘も大喜び。

娘はフットワークは軽いが飽きっぽく、大変がさつな性格。こういう子は丁寧に時間を掛けてやると途中で興味を無くしやすい。2枚のフェルトに耳を挟んで縫うだけのウサギちゃんでしたが、無事に完成して良かったです。

次はお洋服を作りたいとか。フェルトを細く切ったチョーカーをセロテープでガッチガチに貼り付けていましたが、それが見えるような服が良いらしい。チョッキとスカートならフェルトで娘も作れるな。

追伸。画像を載せようと思ったら娘がウサギちゃんと寝るそうで寝室に持ってっちゃいました。いつか一緒に手芸でヒュッゲできるといいなぁ。


More 結局余裕とはなんなのか。
by wakka-w | 2018-11-14 22:17 | 0-6歳児なう | Comments(0)

週末ー

今日はボンちゃんを連れて朝から高尾山に行こうかと話していたのですが、起きれず(起きていたがベッドでゴロゴロしてしまった)。紅葉も始まったばかりのようなのでまだ慌てる時間じゃない、とサクッと予定を変更し家でのんびりすることにしました。
のんびりと言いつつ、家事して皆んなの予定に合わせて一緒に移動するのでそこそこは忙しい。多摩川で遊ぶ、というのでヨメはボンちゃん担当になり、カッパと娘、ボンちゃんとヨメ、という形で思い思いに散策。ボンちゃんがボールを見て興奮しまくりゼェゼェハァハァ恐ろしいくらいになったのでヨメチームは早々に帰宅。ボンちゃん、前世はサッカー選手だと思うんだ。ボールの扱いも上手です。

しかし帰宅したら睡魔が襲うヨメ。結局夕方前までお昼寝し、起きる直前にカッパは散髪へと出発。夢心地で玄関の鍵が閉まる音を聞いた気がするが、パパはどうしたのだ、と聞いたら「もう行ったよー」と娘。
ヨメは娘と夕ご飯の買出しにスーパーへ行き、そのまま夕ご飯を作る流れへと移行。何か手伝う?と聞く娘に今日は一人でのんびりやりたいから、ミニヨメコはパズルをやるのだ、とパズルドリルを手渡しました。難しくて泣きそうになった時には「うーん、これは手強いぞ」と言うのだ、と強制する母。無事全部パズルを終わらせて晴れ晴れしい娘の顔。その喜びを忘れないで欲しいわ。
パズルは娯楽なのでできない時は飛ばして気が向いた時に向き合えば良いのですが、諦め癖がつくのは良くない。だいたいパズルって次のページは更に難しくなってるしねぇ。
難しいものが自力で解けた時の「俺はやってやった!感」と充実感を繰り返して欲しいな。パズルが好きになってほしい。

そんな娘の悲喜交々を見ながら今日はバーニャカウダー、ヒラメの昆布締めカルパッチョ、甘栗のリゾットにしました。甘栗のリゾットはチーズリゾットに甘栗を加えるだけですが、ゴルゴンゾーラの塩気と甘栗の甘みが最高です。
娘も気に入ってくれて良かったわ。

食事の後は、娘が率先して洗い物もしてくれました。油のギトギト残ってる笑 気づかれないようにササッと洗い直してまた明日。







by wakka-w | 2018-11-11 21:38 | 0-6歳児なう | Comments(0)
もともと虫が苦手だった娘。お友達の虫好き少年のおかげで少し虫に興味が湧き、母のカブトムシ愛で開花。今ではカマキリを捕まえて、暴れて後ろに回された鎌に引っかかり「いでででで!!!」と格闘するまでに成長している。

そんな娘が幼稚園の出来事を嬉々として話してきた。

ミニヨメコ:ママ!今日ね、先生が「カタツムリは何を食べますか?」ってお話をしたの!それでね、皆んな葉っぱとか言ってね、私は「コンクリート!」って答えたの。

ヨメ:先生、何て言った?(ニヤニヤ)

ミニヨメコ:「正解です!」って!!!

すごく嬉しそうでした。そう、カタツムリやダンゴムシは硬い外殻やら殻を維持するために、たまにコンクリートを食べるそうですよ。食べるってか、多分コンクリートとかについた何かを食べがてらコンクリートを摂取しているとかそんな感じかと思いますが。

そんなお話をお友達にもしたらしく、たまたまどっかで見つけたカタツムリを持って来たお友達とコンクリートを食べさせるのだ、と幼稚園の土管に置いておりました。
いや、そんなガツガツガリガリコンクリート食べんと思うで。








by wakka-w | 2018-11-10 12:59 | 0-6歳児なう | Comments(0)

娘が喜ぶかなシリーズ

d0041074_16585957.jpg



ローソンで涅槃リラックマ
by wakka-w | 2018-11-08 16:58 | Comments(0)

カブトきた

d0041074_1329281.jpg
↑うちのヘラ夫。つぶらな瞳が可愛い。前髪はカッパよりありそう。


エレファスゾウカブトとティティウスシロカブトの幼虫ペアがやってきた。ティテイウスはサイズではなく、白さが面白いカブトムシなので、幼虫も普通?(何をもって普通か)サイズであったが、エレファスのメスの幼虫は笑えるほど大きかったわ。確かヘラ夫達が来た時も笑えるほど大きかった記憶だが、世界は広い。
道中ンコもいっぱいしとったがな。
娘も大喜びでしたが、触っていいかと聞かれていいよ、と答えたもののティティウスのどっちかに早速噛まれたようでした。顎が大きいから気をつけろ、木屑をほじくるシト達ですよ、と伝えたんだけれど。幸い血は出ず噛まれた跡がしばらく残った程度で済んだようです。

2ペアとも問題なく来てくれたようで、早速ケースに放牧。モッサモッサとマットに沈んでゆきました。ついでに国産カブ11匹達もマット交換。

数日前、カッパに新しいカブの幼虫について考えてる、次のは蛹になるまで1年半から2年かかるかも、と話したところ「ミニヨメ子は小学2年生、、、」と呟かれたのですが、ホンマやね。人生あっと言う間やで。











by wakka-w | 2018-11-03 13:29 | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30